キエフで寄付活動

書きたかった事をつらつらと。デパート愛について。

実は、3月の間、松戸の伊勢丹に通い詰めていた。何と、43年も営業していたのだ!そんな長い歴史に、ピリオドを打つという事で、悲しさに打ちひしがれたカオリは、営業最終日まで何度も通った。デパート大好きな私としては、松戸の伊勢丹は初めて行ったデパートで、デパート好きのこの人格を形成してくれた、特別な場所なんです。両親が共働きのカオリは、週末に家族揃ってどこかに出掛けていたのだけど、中でもよく松戸の伊勢丹にお世話になっていたのだ。勿論、行くのはおもちゃ売り場。別に親にねだらなくても、新しいおもちゃがびっしりと並べられている様を観て、サンプルで遊ぶだけで、カオリは非常に満足したのだった。あと、屋上に行くのも大好きだったなあ。遊ぶスペースがあって、夏休みになると着ぐるみショーをやったり、色んなイベントをやったりしていて、それはもう楽しさのるつぼだった。動くドラえもんとかパンダとか乗って遊んだなあ。まだ屋上に遊ぶスペースってあるのかな?と思って屋上まで行こうとしたら、封鎖されていて行けなかった・・・。近年は夏の間、大人向けにテラスみたいな感じで解放していたらしい。遊ぶスペースがなくなっていた事に、悲しさを覚える。あと、おもちゃ売り場と同じエリアにあったサンリオもよく行ったな〜。ここはまだあったから、最後だと思っていろいろ爆買いしたよ!そして、Tommy Hilfigerのキッズラインの服を自分用に購入。中学の時、クリスマスプレゼントで母にパーカーとデニムを買って貰ったなあ・・・と感慨深くなったよ。そして営業最終日。雨降る寒空の中、セレモニーが行われ、店長さんの挨拶で、その43年にわたる営業に終止符を打った。

郊外の大規模なデパートとして43年もの間活躍してきた伊勢丹の勇姿を、カオリは忘れません。共に成長し、大きくなった事を誇りに、デパート大好きピープルとして胸を張ってこれからも生きていきます!そして、郊外のデパートを引き続き応援し続けます!

デパート愛よ!永遠に!
[PR]
by ochestraa442 | 2018-04-11 19:04 | other | Comments(0)