ヘーイ!皆さん!とうとう関東も梅雨いりしちまったね〜!じめじめしとしとの連続で、心までもじめじめしとしとしない様にね〜!

そう、カオリの近況報告。

今週は家から一歩も出てないよー!ビバ!引きこもり生活!バンザーイ!そして、先週我が家に届いたスカパーのHDチューナーでスカパーのHDチャンネルを満喫しまくってるよー!画質良いって最高だね。しかーし!カオリ、実はハイビジョンのあの横長の感じが好きではないのだ。あのアナログの使い慣れた、見慣れた人懐っこいフォルムが大好きなんだぜー!あの横にブニョーンと伸びた画面は、未だに慣れないよ・・・。カオリ、もうおばあちゃんなのかなー。ってこの台詞、高校生の頃から常用、いや愛用してるなあ。全くもって成長無し。あ、そうそう、スカパーの話なんだけど、アンテナの状態が良く無いらしく、MTVだけきれいさっぱり映らないのだ。常にノイズか、契約していないチャンネルを観た時に映る黒画面なのだ。チクショー、30 Seconds To MarsとかNIcki Minajのミュージック・ビデオが観たかったのにー!悔しい限りです・・・。あ、そういやVampire Weekendの新曲、相変わらずカッコイイね。ヤバいぜ〜!

あと、最近はもっぱら壇蜜さんに釘付けです。テレビに壇蜜さんが出て来るや否や、テレビの前まで猛ダッシュをし、正座して観てます。アグレッシブな女性は世界を救う!
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-30 18:40 | other | Comments(0)

さよならズロース

さて、もういっちょいってみますか!音楽の感想のコーナー!

Lana Del Rey/Paradise

e0025433_17561582.jpg


独特の世界観でファン・・・というより中毒者が急増中のシンガー・ソングライターの新アルバム。もともとカオリも注目していたのだけど、CDは持ってなかったんだよね。そんな中テレビでBlue Velvetを耳にした時、何かが体中を駆け巡ったんだ。その何かとは何だ。そうだ、電流だ!そしてこのアルバムにBlue Velvetが収録されるのを知って、これは買うしかない!と思って早速購入したのでありんす。

これは買って大正解だった。東芝のエアコン並みに。既存のジャンルにカテゴライズするのが勿体無いとさえ思った。その圧倒的な存在感。聴いた事が無い音像なのだけど、聴いていてホッとする。音楽性がブレてないので、すごく安定しているのが分かる。繊細で今にも崩れ落ちそうなサウンドと包みこまれる様な優しい、だけどどこか憂鬱さを帯びたボーカル。この絶妙なバランス、他には無い。むしろ存在感が強過ぎて、実際にこの世に生きているのだろうか?と疑ってしまう勢いだ。この人の音楽は救いの音楽だよね。やるせない日常を、無情にも見せつけるけれども救ってくれる。とんでもなく、どこまでもリアルなのだ。濃密で、深過ぎる一枚。勿論、Blue Velvetは名曲でした。

今日はしとしと雨が降っている。こんな時にこのアルバムを聴いた日にゃ、思慮深くなってしまうのも言うまでも無いな。
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-30 18:21 | music | Comments(0)

さあ、またまたいってみよー!音楽の感想のコーナー!

Frank Ocean/Channel Orange

e0025433_17125391.jpg


今、アメリカで一番ノリにノッてる歌手ではないでしょうか。グラミー賞で何部門もノミネートされた事も記憶に新しい新進気鋭の歌手のデビューアルバムです。この人、デビュー前からソングライターとして活躍していて、かのBeyoncéにも楽曲提供したとか。音楽シーンの間での評判が高まる最中、投下されたのがこのアルバムって訳だ。

まず、このアルバムは普通に曲が収録されている訳ではなくて、生活の効果音を挟みつつアルバムが進行していくんだよね。だから、ある若い人の一日をBGMつきで一枚のアルバムにしました!という様な物語性のあるアルバムになってるんだ。で、その物語ってのが決まっているわけではないから、主人公がどんな一日を送っているのかっていうのは聴き手側の想像に一任されている。曲の世界観はもちろん確立されているけどね。その間に挟まれた効果音も楽しむ事によって、更にアルバムの聴き所が倍増するのではないかな?と私は思ってる。こういう、想像力を掻き立てられる作りのアルバムは今までカオリは聴いた事が無いなー。とても新鮮!さてさて、楽曲の方はと言いますと、ミクロな電子音とビートに、声域の広い、伸びやかな声が混ざり合ってダークさを醸し出しているんだけど、それがとても神秘的で、神聖ささえも感じる。ディープだ。そして、歌詞はとんでもなく意味深。これはあちこちで言われてる事なんだけど、ラブソングなのに男の人に対して歌ってたり、男の人に魅力を感じている様な事を歌ってる部分があったり、それ以外にも何かしら意味深だ。これがR&B界の異端児と言われる所以なのかも知れないな。というか、所以だな。こんなに意味深な歌詞を歌ってる人、やはり今まで観た事が無い。そんな、マイノリティーな部分を包み隠さず歌っているのが更にこのアルバムの精神性を助長しているかの様に思えて久しい。カッコイイの一言では収まらないね。あとMonkPink Matterでは仏教やアジアの文化を感じられる所がある。もしや、日本通なのだろうか・・・。更に更に、Pyramidは極上の一曲。印象的な主題も勿論聴き所だけど、一曲の中で何度も曲調が変わる所がすさまじい。曲の最初と最後とではもう別の曲の様だしね。とても面白い。

このアルバム、曲の部分だけランダムに聴くのも良いけれど、やはりアルバム全体のあの独特な空気を感じて欲しいので、一度アルバムの曲順通りに聴くのがベストかと。ハマるよ〜。
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-30 17:51 | music | Comments(0)

さよならグロール

最近聴いた音楽シリーズだよ〜!最近、本当に音楽を聴きまくってるから、ネタ尽くし!新鮮でピッチピチだよ〜!

Ben L'Oncle Soul/Ben L'Oncle Soul

e0025433_16422418.jpg


フランスのソウル・シンガーのアルバム。50年代から60年代のR&Bやソウルミュージックに強く影響を受けたサウンドが特徴的な人だ。

アルバムはA面とB面とに分かれているという設定で、英語で歌っている曲もあればフランス語で歌ってる曲もある。だけど、全編通して分厚い骨太なソウルミュージックをこれでもか!とかき鳴らしていて力強く、そしてたくましい。サウンドもとにかく古さにこだわっていて、基本的にアコースティックで演奏されていて、曲の途中にわざと古ぼけた印象を出すためにブツブツとノイズがはいっている所がまたニクい。明るく、爽やかなボーカル、しっかりとボーカルを支える男女混声のコーラス、幸福感を演出するホーンセクション、スウィングするギター、軽やかに楽曲の骨格を形成しているベースに、自由奔放なドラムが見事に調合し、グッドミュージックが完成してる。あと、あの有名なSeven Nation Armyのカバーをアルバムの1曲目にぶちこんでくる所、最高だ!あのゴリゴリにロックな一曲を、スタイリッシュで、懐かしさ漂うソウルミュージックに変身させてしまうのだから驚いた。そしてもう一曲見逃せないのがSoulmanだ。もうタイトルからしてすごいよね。俺自身がソウルだ!って感じだもんね。タイトル通り、パワフルなソウルと愛に満ちた一曲。カッコイイぜ!

古き良き時代のハッピーなサウンドと、真摯なまでのソウルミュージックへのこだわりを強く感じられる、マストハブな一枚です。
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-30 17:04 | music | Comments(0)

最近聴いた音楽シリーズだよ!

Kreayshawn/Somethin 'Bout Kreay

e0025433_1615438.jpg


西海岸の女声Hip-Hopシンガーのデビューアルバム。Gucci Gucciの爆発的大ヒットによって一躍有名になったわけだけど、一度試しに聴いてみたところズギュギュギュギューン!と心を鷲掴みにされ、更にGo Hardを聴いてみたところ、更に心の奥底を鷲掴みにされ、これはアルバムを買わないと禁断症状に陥るぞ!と思ったカオリはちゃっかりアルバムを買ってしまった、という事なんだ。

アルバム全体はおもちゃ箱の様に鮮やかで、飛び道具の宝庫だ。曲を構成する一音一音が異様なまでにカラフルで、その色彩感覚は絶妙の一言。歌詞もピリリと毒舌が冴え渡っている。もうピリリどころではない。ビリビリ、バリバリ、ビビデバビデブー状態だ。サウンドも歌詞もとにかく強烈極まりなく、この人のスタイルを一言で表すとしたら、小悪魔系という言葉がしっくり来るだろう。柔軟で捉えどころの無い音楽性が、まさに小悪魔という言葉にピッタリだと思う。音楽シーンには常に新人で賑わっているけども、この人のセンスは格別だ。ここまで際立っている新人を、カオリはしばらく目にした事が無かった。なので、良く出て来てくれた!と思うし、否、出て来るべくして出て来た人なんだな、とも思うわけだ。ポップ・ミュージックとコアなミュージックの橋渡し的存在になってくれる事を期待してる。

あと、このジャケットを観て頂ければ分かると思うけど、アートワークも面白いし、ファッションセンスも抜群。原宿キッズなら絶対に注目して損は無い筈!実はGucci Gucciは怪しいサウンドに乗せてブランド品ばかりを身につけている女の人の事を批判した曲で、ブランドや人の意見にこだわらず、自分の直感を信じ、身につけたい物を身につけるというこの人のファッション観が溢れ出ている曲なんだけど、この曲を聴きながらこのビジュアルを観ると、すごく納得出来る。そして、その考え方っていうのは、実は原宿キッズ達と通ずる物がある様に思えて久しいんだ。勿論、ファッションの傾向も似てるしね。整合性抜群!

奇抜で、コアで、オシャレで、キャッチーな音楽を探している人には自信を持っておすすめしたい!あと、原宿を愛している原宿キッズの人達にもね!
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-30 16:36 | music | Comments(0)

怒りの石鹸

おととい、深夜にtwitterをしていて、武井壮さんがリアルタイムでつぶやいていたので話しかけてみたところ、何と!ご多忙なのにも関わらず、返事をしてくださった!有名になる前は名前まで覚えて頂いてたのだけど、もしやまだ覚えてくれていたのだろうか?

そんな全開男、武井壮さんをこっそりと応援しているこのブログ、おなじみの音楽の感想のコーナー、いっちょいってみよう!

Mayer Hawthorne/How Do You Do

e0025433_1656791.jpg


昨今注目されているソウルシンガーのアルバム。ずっと欲しくて欲しくて、ようやく買えた一枚。昔ながらのソウルミュージックを踏襲しながらも、近代のスムースで都会的なチルサウンドに仕上がっている、まさにソウルミュージックの良い所取りのアルバムだ。それは分かりやすく言うと、懐かしさを匂わせつつも、新鮮なサウンドになってる、といった感じかなあ。最近めっきり聴かなくなったソウルミュージックには欠かせないホーンセクションも健在で、生楽器を音作りの根幹に置いている所もまた良い。地声とファルセットを縦横無尽に使い分ける美しいボーカルも見所だ。そしてSnoop Doggと競演したCan't Stopは、一見異種格闘戦に見えるけど、聴いてみたらば、何と!そんじょそこらでは滅多に聴けないSnoop Doggがソウルを歌う姿を堪能出来るから超レアだ。そしてThe Walkにも注目。この曲にはミュージック・ビデオがあるのだけど、穏やかなサウンドとは裏腹にアクション満載の硬派な作品に仕上がっているから、そのギャップに驚いちゃうのだ!とにもかくにも、聴いていてホッと和めるオシャレなアルバムなのです。最近、ボーディーズもこの人のアルバムを大絶賛してたので、じわじわとブームなるか?

そーんなわけで、最近聴いた音楽シリーズでした!
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-24 16:55 | music | Comments(0)

ズームイン・真麻

e0025433_16283992.jpg


今日はカオリのピックコレクションを説明しよう。ピックコレクションを始めるきっかけとなったのは、忘れもしない富士Qで貰ったピック。最初は記念に取っておこうと思っただけだったんだけど、その後フジが活動を継続していく事が決まり、ツアーグッズでピックを作ったりしてたから、コレクションする様になったんだよね。で、9mmとかアジカンのピックも仲間いりし、今ではご覧の通り大所帯になりつつあるのだ。基本、ツアーグッズが主体だけど、楽器屋に行くとご存知の様に色んなバンドの人がピックを出しているので、そっちにも手を出してみようと企んでいるところなのだ。さて、収集癖があるカオリは一体どれだけの量のピックを集められるのだろうか。その動向に、皆さんも注目だ!
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-24 16:28 | music | Comments(0)

起き上がりコボ氏

さーて、先週のカオリの誕生日の事を話すとするか。

誕生日は何時もの様にパーティーをして盛り上がりました。そして、勿論楽しみなのはプレゼントだよね?今年は何を貰ったのかと言うと・・・!

何も貰ってません。

今年はどうしてか何もプレゼントが無かったんだ。不本意だったので、母にその理由を尋ねてみると、

いや、それは、ちょっと、ねえ・・・。マジでごめん。

と、それだけ。父はオバQの漫画を探していてくれたみたいなんだけど、無かったからプレゼントが用意出来なかったらしい。こればかりは仕方無い。母は一体どうしてプレゼントを用意出来なかったのだろうか。それだけが気になる。

まあでも、おじいちゃんとおばあちゃんからはプレゼント貰ったから、全ては丸ーく解決。

何時になっても、プレゼントって嬉しいものだね。以前、数学のゼミに行ってた時、仲間の大学院生の方から誕生日プレゼントを頂いて、嬉し過ぎて発狂した事があったな〜。ゼミのメンバーの皆さんは今、どうしているのだろうか。また会いたいなー。勉強教えて貰いたいなー。
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-23 19:32 | other | Comments(0)

めでたい

今日はカオリの誕生日。今年で24歳になりました。

もう立派な大人と言われる歳になったけれども、結局性格は何一つ変わっていないのが実情だ。もうこうなったらむしろずっと性格を変えないで、貫こうとさえ思う。頑固一徹。

そんな私、まだ誰からも誕生日を祝って頂いていないので、コメント欄で祝って頂けたらとてつもなく嬉しいなあと思ってます。ウシシシ。

これからも、すごくマイペースになるかも知れないけど、目標目指して精進していこうと思ってます。
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-14 16:08 | other | Comments(0)

常に欲しいCDが絶えないカオリですが、ここんところそれが著しく増えている。それはどうしてなのか。答えは簡単、最近魅力的な新譜が多いからだ。そこで気になっているバンドを説明しよう。

Everything Everything

最近新アルバムArcが発売になったばかりで、ちょっと気になって新曲のCough Coughを聴いてみたらこれがドンピシャだった。どストライクだったって事だね。ロックで、エクスペリメンタルなサウンド。ひねくれてる所が良いね。こういうバンドを探してたんだよっ!今、気になって気になって仕方無いバンドであります。

あと、今タワーレコードのポイントを溜めに溜めに溜めまくってるんだけど、3000ポイント溜まったら是非欲しいアルバム候補が2つあって、今どっちにしようか悩んでいるところ。それはエレカシのベスト盤とストレイテナーのこの前発売になったばかりのベスト盤。エレカシの方はユニバーサルに移籍してからのベスト盤で、キラキラと輝く第二の青春みたいな楽曲がぎっしり詰まってる代物だし、テナーのベスト盤もデビュー10周年記念のゴージャス極まりないベスト盤だし、どちらも見逃せない。困る!え、どっちも買えって?そうだよなー、両方買うっていう最終手段もあるなあ。どっちにしろ、ポイント溜めなきゃ!

最近、またスカパーの音楽チャンネルで洋楽を流している時間帯にテレビが観られないので困っている。MTVは辛うじてゴールデンタイムに洋楽をバンバン流してくれてるんだけど、丁度その時間帯は家族と熾烈なチャンネル争いを展開していて、大概私はチャンネルの主導権を奪えないので、観られないのだー。あとSSTVM-ON!はJ-Popばかりだし。もうちょっと洋楽流してくれませんかねー?洋楽流してくれたら、いろいろチャンネルの選択肢も増えるし、いろいろ勉強出来るんだけどなー。勉強、大好きですから。
[PR]
by ochestraa442 | 2013-05-09 16:00 | music | Comments(0)