支離滅裂な通訳さん

え〜と、ここで休憩という事で、最近聴いた音楽の話をしようかと思います。

Sa Dingding/Alive

e0025433_16412087.jpg


この人の音楽はすごい。一言で言い表すと、すごい。チベットの民族音楽とエレクトロニカを融合させた、新ジャンルのミュージック。それだけでもすごいのに、チベットの言葉とかサンスクリット語とか中国語とか、果ては自分で作り出した言葉で歌ってしまう。私、サンスクリット語なんて全く分からないのでチンプンカンプンでしたが、音楽の素晴らしさはズキズキと伝わってきました。おすすめです。

Annet Louisan/Teilzeithippie

e0025433_16563192.jpg


カオリ初挑戦のドイツの音楽です。女の人で、アートワークもポップなんだけど、音楽もキュート!声と音楽が絶妙にマッチしていて、聴いていると和みます。ドイツ語の響きもキュートさに一役買っている気もします。カオリは今まで、ドイツの音楽と言うと力強くて堅苦しいマーチみたいな物が多いのかな?と思っていたので、こんなに柔軟で暖かくてカワイイ音楽もあるんだな〜と、視野が広がりました。ハマりますね、ドイツのポップ・ミュージック。ボサノバ好きな人、必聴です。

Tom Tom Club/Tom Tom Club

e0025433_16581944.jpg


80年代を代表するポップなバンドと言えば、このバンド!Mariah Careyがサンプリングした事でも知られる名曲Genius Of Loveも収録されていますが、どの曲も近未来感たっぷりで、今聴いても新鮮です。今年復活して、サマソニにも出演するみたいなので、皆さんも予習に如何でしょうか?カオリ的には、復活したからには是非新曲が聴きたいです!

・・・と、こんな感じでガンガンに聴いております。もうすぐで学校も卒業なので、これからセンチメンタルな曲を聴く様になるかも。なんちゃって!
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-27 17:02 | music | Comments(2)

これぞインターンの印

さーて、今年のNANO-FES.は〜?

カオリです。今年も夏がやって来ました。と同時に、夏フェスの時期もやって来ました。夏フェスと言えば、アジカン主催のNANO-FES.がつい先日行われましたね。という事で、今年はどんな事が行われたのでしょうか。そしてどんな素敵過ぎる事が起こったのでしょうか。それをカオリと振り返ってみましょう。

それではお楽しみ下さいね〜!ジャンケンポン!ムフフフフ。

この番組はTOSHIBAの提供でお送り致します。いたしまーす!

NANO-MUGEN FES.2009 July 19th
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-26 15:44 | music | Comments(5)

ナメたらイカンザキ

いやー、ナノフェス楽しかったです。極上の空間を色んな人達と共有出来た気がします。それがとても嬉しい事でした。名前も顔も知らない人達が、同一の趣味と目的のために集まって、ハッピーに過ごすって素敵な事だと思います。後藤さんが言ってたけど、会場まで来て一部のファンの人達が音楽性の相違についていがみ合ってる事があるけれど、くだらないと。そんな事で言い争うなと。私もその言葉に共感しました。確かに、人の音楽の趣味ってバラバラだよね。だけど、それを否定してしまっては音楽の未来は開拓されないし、人という生き物の本質さえも否定しかねないと思うんだ。だから、多少の相違も認めた上で、次のステップへ飛び立とうではないか!志は高く!まだまだ私はそこまで考えられないけれど、そんな広い心を持って音楽活動をしていきたいと思いました。アジカンには感謝してもしきれないですね。アジカン最高!そして、出演していたバンドの皆さん、お疲れ様でした!
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-22 18:38 | music | Comments(0)

初日終了

e0025433_21395329.jpg

ナノフェス初日終了しましたー!もうね、てんこ盛りだったよー。冷静に興奮しました。君という花ではらっせーらっせーって掛け声も掛けたし、いろいろサプライズがあったよ。詳しくは後日。明日もバリバリ楽しむぞ!
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-19 21:39 | music | Comments(0)

最近sleepless

皆さん!いよいよあさってからアジカン主催のNANO-FES.が始まりますよ〜!準備は出来てますか〜!私はまだですよ〜!

事前に得た情報によると、初日に何か面白い事が打ち上がっちゃうかもしれないとの事。何だろー!ワクワクしますね。それと、キヨシさんプロデュースのバーにガチャポンが設置されるらしい・・・。どんどん怪しくなっていくキヨシさんエリア。ガチャポンフリークのカオリにとっては、見過ごせない危険エリアでございます。

そうそう、NANO-FES.への出演が決まっているBen Foldsですが、何とカオリの大好きなロシア出身の歌手、Regina Spektorと共演している事が発覚!Ben Foldsのアルバム、Way To Normalに収録されているYou Don't Know Meという曲でその奇跡の共演が拝めます。ファンでない方も、是非聴いてみて!

という事で、私は当日はアジカンTシャツに6%DOKIDOKIのジョッパーズというLady Gaga顔負けのファッションで参るぜよ。かなり目立つだろうなあ。
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-18 00:22 | music | Comments(2)

Remembering Michael

世界のポップスター、マイケルが亡くなってから2週間近くが経った。

私が最初にマイケルの訃報を知ったのは、家のリビングでテレビを観ていた時だった。その時は何の気無しにCNNにテレビ局を切り替えたのだが、そこに映っていたのはMichael Jackson died at 50という文字と、マイケルのミュージック・ビデオだった。その時、何が起こったのか分からなかった。マイケルが亡くなったとは思えなかった。嘘だとさえ思った。しかしリポーターの表情や、番組の司会者の悲しさに満ち溢れた表情と声に、どうやらマイケルは本当に亡くなったのだ、と思った。

マイケルはあまりにも有名だったため、私はずっと前からマイケルの存在を知っていたし、曲やダンスの秀逸さも知っていた。しかし、数多のスキャンダルにより、私はCDを聴いたり、ファンになったりという所までいかなかった。おかしな行動をする意味不明なポップスターだというイメージが、私の脳の中に充満していたのだった。

私の中で印象的なマイケルの行動はやはりネバーランドを作った事で、そこに多くの子供達を呼び寄せ、気の向くままに遊ばせていた姿だった。後から知ったんだけど、マイケルはずっと子供心を持っている事を理想としていて、ピーターパンに出て来る、住人は一生子供のままでいられるというネバーランドが、その自らの理想とシンクロする部分があり、それを何とかこの世界で作る事は出来ないかと思い、ネバーランドを作ったそうだ。そしてマイケルは、ネバーランドで、自らの持つ子供心を満たしていたのだろう。

あと、マイケルが亡くなってから、色んな所でマイケルの曲を聴くのだけれど、特にWe Are The Worldにおいて、私はマイケルのずっと子供でいたい、そういう強い思いが曲の中に現れているのではないか、と感じたのだった。それ以外の曲にも、マイケルの子供心だったり、純粋さが滲み出ている様な気がする。

そして、何と言っても、自分の近くにいる子供達と友達として長い時間過ごしていたという話がある。プロデューサーや音楽仲間等、大人とももちろん交友関係はあったと言われているが、私はそれと同時に子供と友達として関わる事も大事にしていたのだろう、と考えた。実際、マイケルは多くの子供と同じ目線に立って交流し、そんな子供との交流から色んなインスピレーションを受けたとテレビのインタビューで語っていた。

こういった点から考えて、マイケルはコドナだったのではないかと、私は思う。何時でも音楽に対して真摯で、純粋だったのだと。そして、歌手として、パフォーマーとして、柔軟性に富んでいたのは、コドナだったからなのだと。いや、コドナだったからこそ、多くの仕事を成し得たのだろうと、そう思います。

それにしても、追悼集会でのマイケルの娘さんのスピーチに、家族愛を強く感じました。感動したよ。マイケルは自分の子供達を大事にしていた、良いお父さんだったんだな、と思いました。

音楽家として、パフォーマーとして、そしてポップ・アイコンとして、マイケルは本当に素晴らしい"逸材"だったのではないでしょうか。

Michael, Rest In Peace! Your legend still live in our memories.
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-14 18:36 | music | Comments(0)

タフなバンドマンの株券

なかなか記事を書けずにいたカオリでございます。最近家のデカいテレビが頻繁に壊れる様になってしまって超困っていたのですが、弟のタカ三郎の部屋に実はそれを凌ぐ巨大テレビが置いてありまして、リビングにそのテレビを置こうって事になったわけ!もともと前にリビングのテレビが壊れた時、また壊れるかも知れないという理由から買った物なんだけど、どうした事か機械好きのタカ三郎の手に渡ったのだった。そんなテレビが遂にリビングにデビュー!家族に大事にされてます。勉強は順調そのもの。疲れてる時はグダグダになりながらiPod miniで音楽を聴いて充電するのだー。ハッハッハー。
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-14 14:53 | other | Comments(0)

今日はアイドルのお話。

私、実は小学生の頃からアイドルが大好きで、自称アイドル評論家なわけなんですが、そんな私がとても驚き、歓喜した情報を一つ。

チェキッ娘復活!

最初この話を聴いた時は、何だ?と思ったね。まさかあの伝説のチェキッ娘が復活するなんて思ってもいなかったからさ。あっ、チェキッ娘を知らない方に説明をしますと、チェキッ娘というのは1998年10月にDAIBAッテキ!という番組から生まれたアイドルで、メンバーは19人います。番組では週に一度、オーディションのコーナーを設けていて、オーディションで合格した人がメンバーになる、といった感じでした。カオリは新曲がテレビで流れる度、ワクワクしながら観てたなあ。ようやくチェキッ娘の存在が世間に浸透してきた1999年11月、惜しまれながら解散。しかーし!この度、奇跡的に8月にライブをする事が決定したそうです!前にも5年ほど前に復活してライブをやってたみたいだけど、とにかくまた復活してくれて、カオリは嬉しいよ。

で、音楽はと言うと、正真正銘のアイドル系の爽やかなポップ・ミュージックだったね。音楽も本格的だった事を今でも覚えてるよ。Perfumeも、イメージは違えどチェキッ娘の延長線上にいるのではないかと。

そんなチェキッ娘の復活。カオリは非常に楽しみです。メンバーも大きくなってるだろうなあ。下川みくにさんも何らかの形で参加するのかなあ。いろいろ想像が膨らみます。
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-10 19:51 | music | Comments(0)

そうそう、昨日は家族で東京タワーまで散策に行って来たよ〜!

最近、母と弟のタカ五郎が東京タワーの実物をオフの時に観に行きたいと言い出し、だったらライティングが微妙に違う日に行こうよ!って事で、いつもと違うライティングの昨日、家族で行って来ました。しかも、父の仕事の関係で午後9時出発。10時までだと言うのに、このやろー!

そして無事に芝公園に着いて、無事にいつもと違った東京タワーを眺める事が出来ました。芝公園は甚だしい不況の影響で職を失い、帰る所も失ったであろう中年のおっさんが寝ていたり、カップルがデレデレしていたりと色んな人がいて、都市の暮らしもいろいろあるのだという事を感じられる絶好の場所でありました。って、東京タワーを観に行くという本来の目的からそれまくってる!まあいいや。で、母と弟のタカ五郎は東京タワーをカメラで撮り狂っていたよ。それはもうバシバシと。アイドルの撮影会みたいになってたよ。

だけど、撮影している途中で10時になり、ブチッと東京タワーのライトが消えて暗くなってしまい、かなり悔しがってました。だけど、東京タワーの電飾が消える瞬間もロマンチックだったよ。カオリなんか、ミュージックビデオを撮る時の良い素材だ!と思ったしね。あとは曲のアイデアもいろいろ浮かびましたよ。東京タワーを題材にした曲を作って、更にミュージックビデオにも東京タワー、しかも電飾が消える瞬間が映っているなんて、カオリのストライクゾーンだね。ツボだね。そんな作品、作ってみたいな〜。

肝心の画像なんですが・・・。すみません!撮るの忘れてました!
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-06 02:18 | other | Comments(0)

諸行無常・そして数学

お待たせしました!Base Ball Bearの日比谷野音でのあの伝説のライブの感想を書きます!一週間経ったけれど、未だに余韻に浸ってます。何てったって、まさか自分が参戦する事になろうとは思ってなかったわけだから。

そういうわけで、いきますよ〜!

Base Ball Bear ~日比谷ノンフィクション~
[PR]
by ochestraa442 | 2009-07-05 18:22 | music | Comments(0)