初等幾何学 Or Die!

ずーっと黙ってた事があります。まず最初に謝ります。すみませんでした。

いや、あのね、カオリさ、勉強大好きな人達で集まって、皆で勉強しているんですわ。どんな人が集まってるかって言うとね、大学院生でしょー、大学生でしょー、専門学校生でしょー、そしてカオリです。

事の発端は以前皆さんにもお話したアヒト・イナザワさんに超瓜二つの方が、

カオリ嬢よ、今度オイラーと一緒に論文を書かないか?

という様な事をおっしゃったので、かなり怪しい事をされるのではないかと心配していたんだけど、よく話を聴いていると、一緒に勉強をしてみないか、という事だったので、快諾した、という事なんです。

そして、しばらく皆さんと勉強をしてきて、結束力を感じたわけであります。

妙な縁で知り合って、皆で好きな問題を解き合って、時間を共有し合っていて、そこで仲間って良いな、結束力って良いな、って思ったのです。中国語カラオケの皆さんもそうだけど、久し振りにアツい物を感じたんだよ。

で、カオリはそこで人との繋がりの大事さを改めて確認出来たし、人との接し方にも気を遣う様になったし、そして何よりも、勉強がもっと好きになったよ。

最近、コミュニケーション不足が社会的な問題になっている中で、そういった人の情熱や距離感を間近で体験出来る場所があるってのは、恵まれてるなーって思うね。だからさ、これからも勉強会の皆さんを大事にしていきたいなー、と思います。

本当に感謝です!

あ、そうそう、論文ってのは、作曲家のクセナキスに関する論文ね。近代の作曲家で、数学を用いて作曲をした、っていう人なんだけど、その手法に興味があるんですよ。そういう事です。ハッハッハー。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-30 02:21 | other | Comments(0)

インコ用のインド洋

今日、原宿に行って来たら、ここは大阪の新世界かっ!って思ってしまった。

えっ、どうしてかって?

そりゃ、答えは簡単。どこもかしこもアニマル柄の人でいっぱいだったからさ。

表参道から、明治通りから、果ては古着屋の店内まで、とにかくアニマル柄の人が多かった。あ、アニマル柄ってのは、アニマル浜口さんの柄っていうわけではありませんよ。へへ。だけど、アニマルさん柄の洋服があったら、是非この目で確かめてみたいね。

話はそれたけど、とにかくヒョウ柄やらダルメシアン柄やら、まるで大阪のオバチャンのファッションを拝見しているみたいでしたよ。オシャレだけどね。

そこで思ったわけだ。どうして日本人って皆こぞって同じ洋服を着たがる?同じ物を持ちたがる?共同体っていわれて育ったから?皆と合っていない洋服を着ていると、村八分にでもされんのかな。否、そんなわけ無いか。そんな事を、改めて思ったよ。

で、何時もの様に6%DOKIDOKIに行って新商品をチェックし、ラフォーレ原宿でTopshopの秋冬物の存在を確認し、帰宅したのであります。

いや〜、ファッションって面白い。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-30 00:54 | fashion | Comments(0)

トリニダード・トバゴ級

最近、いきなり寒くなって皆さん困ってないですか?私はバリバリに困ってますよー。手足が異常なまでに冷たくて、しもやけが今年もやって来る!ヤアッ!ヤアッ!ヤアッ!と思うと憂鬱だー。あと、まだ先の話なのにも関わらず、街を歩けばクリスマス一色ではないか!今年ももうそういったシーズンになってしまったわけだね・・・。何だか心まで冷えるぜ。そんな夜は9mmの曲を聴いて孤独に浸るのさ。あっ、Evanescenceも良いね。両方聴こうかな。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-29 00:52 | other | Comments(0)

サイラー・マイリス

今日は都内にシギという今注目され狂っている歌手のライブを観に行ってきました!

ライブはね、とにかく最高だったよ!久し振りにゾゾーっとしましたよ。良い物は生で観ておくべきだね。今日改めてそう思いました。あと、大学の学園祭の中でライブが行なわれたという事で、学園祭も楽しんできたよ!皆若いねー。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-25 00:47 | music | Comments(0)

イカついカナヅチ

秋の夜長にピッタリなアルバムがありましたよ。

Duffy/Rockferry

e0025433_1830132.jpg


デビューしたばかりのシンガーのアルバム。夏休みくらいからタワーレコードなんかでCDが並んでて、注目!って書いてあったんだけど、最近M-ON!かなんかで流れてて、カッコイイ!と思って買いました。あっ、そうだ!今週の週末は確か渋谷のタワーコレードはポイント2倍サービスだった!

そんな事はさておき、アルバムの感想です。どんよりとした音像のイントロから始まるRockferryは、長い航海の始まりを思わせると同時に、この人の歌手としてのキャリアの始まりも思わせる曲でもある。濃霧の先には何があるのか。とにかく、緊張感たっぷりの曲です。その次は、Warwick Avenueです。この曲、穏やかな演奏に加わるDuffyの暖かい声がとてつもなく優しい。何だ、この優しさは!そして、渋い!若いのに、ここまで渋い音を作り出す事が出来るなんて、すごいなー。そう感じた1曲。その後も、SeriousSyrup&Honey等、この人の歌声を存分に活かしきった曲が続く。そして、今あちらこちらでガンガン流れているノリノリなMercyですよ。スローな曲が続いた後に、いきなりノリノリなこの曲ですよ。ストリングスを使う事により、古き良き時代のダンスパーティーを彷彿とさせる様な仕上がりになって、クールさ倍増!ってな感じだね。聴いていると、体が勝手に動き出してしまう様な、そんな曲です。その次は、Delayed Devotionで、アコースティックなアプローチがこの季節に丁度良いなー、と思う様な楽曲です。I'm Scaredもとても美しい。Duffyは本当に恵まれた環境で音楽に接する事が出来ているな、と思える曲であります。で、最後の曲、Distant Dreamerはね、最初に聴いた時に、鳥肌が立ったよ〜。私はまだ進み続ける、目標を追い続けるんだ、と言わんばかりの意思表示が、音楽に見事に表れていて、それを装飾する演奏も、切なさが滲み出ていてこれまた秀逸。

このアルバムを通して聴いてみて、Duffyは本物だな、これからの活動に期待しても良いんだな、と思った。曲、パフォーマンス、どれを取っても素晴らしい逸材だと思う。私の中で、Duffyは今年の新人歌手の中でずば抜けて一番最高の歌手かも知れない。もう本当にハマってます。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-21 19:41 | music | Comments(0)

そうそう、カオリの母は人の話をこっそり聴くのが好きで、よくそこいらで人の話を聴いては家に持ち帰り、それをネタにしています。

で、昨日の話。

昨日、家族で浅草に行ったわけです。弟のタカ崎観音のヤローは学校がお休みで、お昼から父の会社に遊びに行っていて、秋葉原と浅草に行こうよー!とうるさかったらしいので家族で浅草に行く事になったんだけど、そこで母の耳が大活躍。

それは家族でバラバラの行動をとっていた時の事。カオリとタカ崎観音と父は一緒に行動していて、母は屋台を探しに行っていたんです。カオリがタカ崎観音と父とふざけ合っていたところ、母が帰って来たのであります。そしてこう言いました。

屋台のおっさん、面白かったよー!

母が言うには、屋台のおっさんが愚痴を言いながら屋台を切り盛りしていたらしく、その愚痴が面白かったとの事。どんな愚痴だったのかと言うと、

俺さー、こんな事やってるけどさー、全然儲からねえんだよ。お客さんにサービスしたり、おまけをつけてやってもさ、俺の取り分は少ないわけ。それなのに、こうやってずらずら並んじゃってさ。俺にどうしろって言うのさ!

という様な愚痴だったらしい。そうしたら、母の後ろに並んでいたこれまたおっさんが屋台のおっさんにこう言ったらしいのです。

そんな、良いじゃねえか。こんなに並んでるんだからよ。だったらよ、ほら、俺が余分に出してやっからよ、受け取れよ!

と定価400円の物に対してそのおっさんは500円を差し出したらしい。しかしおっさんはそれを却下。お客さんから余分に払われては困るという様な顔で、困惑していたらしいのだ。

しかしここまで明確に話を聴いているなんて、母もただものではない。無条件降伏だ。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-18 17:22 | other | Comments(0)

エリエールの選挙活動

聴きました。アジカンの新曲、藤沢ルーザー。前の話になるけど。

この曲は、もうとっくに皆さんご存知だと思うのですが、今までシングルのカップリングで展開されてきた湘南シリーズを構成する楽曲の一つであります。このシリーズ、聴いてる人だったら分かると思うけれど、とてもラフな、気負う事無く聴ける曲ばかりなんだよね。この曲もそうです。

この曲は、今までずっとシリアス路線だったアジカンの楽曲とは全然趣向が違い、勢いの良いギターの音から始まる、若さとみずみずしさが溢れる仕上がりになっていて、行った事は無いけれど、藤沢の空気と、空の青さを感じられる曲でした!この曲、カオリはかなり好きです。既にiPod miniでかなり聴いております。

そして、気になるカップリングですが、2年前のNANO-FES.に出演したThe RentalsのHello. Helloという曲のカバーで、何とThe Rentalsのメンバーも参加してます。本家と共演!なんて贅沢なんだーっ!曲も何だかアジア的な旋律と、それに絡み合うコーラスが素敵な一曲となってます。

音楽って本当に素晴らしいですね〜。そう心から思える一枚です。あっ!まだアルバムは聴いてないです!今すぐにでも聴きたいな〜。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-18 16:50 | music | Comments(0)

自称ガリレオの憂鬱

久し振りに聴いたCDの感想でゴザイマス!

Late Of The Pier/Fantasy Black Channel

e0025433_18183497.jpg


カオリが今、超ハマっているバンドのアルバムでやんす。このバンドの魅力は何と言ってもシンセサイザーとエレキギターが唸り合って生まれる世にも奇妙なサウンドでしょう。このバンド、最近のNew Waveのバンドと比較されがちなんだけど、カオリはダントツでこのバンドが好きです。意味不明で、メンバーの鋭い着眼点や発想、不思議ちゃん的な要素がそんじょそこらのNew Waveバンドよりも強くバンド活動に出ているのではないか、ってカオリは思うよ。

あとは、楽曲ひとつひとつの展開が面白い。1曲の中に色んな展開があって、聴いている側を飽きさせない。普通にエレキギターが際立っている曲だなー、と思ったらいきなり静かになって、今度はシンセサイザーが効果的に使われた曲調になったりするといった感じなのですが、これこそがこのバンドの醍醐味なんだ!って思ってます。あとね、アートワークにもバンドの意味不明さが顕著に出ていて、カッコイイです。

このアルバムは本当に捨て曲が無くて、聴いていくとどんどんバンドの虜になってしまう、といった感じなんだけど、最初にFockerを聴いた時には痺れたね。あとBathroom Gurgleも不思議パワーを楽曲のあちらこちらで堪能する事が出来る曲であります。

バンドの成長が楽しみ!気になった人は是非聴いてみて下さいね!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-14 18:50 | music | Comments(0)

イボイボ・パラダイス!

この前、とても驚いた話。

カオリが何時もの様に渋谷のタワーレコードでお買い物をしていた時の事。3階の洋楽フロアに着き、何時もの様に色んなバンドの新譜をチェックしていたら、女の人のアルバムが置いてあったんです。まあ、よく新人って出て来るもんだなあ、なんて感心していたのですが、よーくそのCDを観ると・・・!

Rachel Yamagataだーっ!

そうなんです、4年前に巷を賑わした伝説のシンガーソングライター、Rachel Yamagataの新アルバムだったのです!

カオリが中学生の時だった。忘れもしないよ。色んなメディアでこの人のアルバムが評価されていて、どんな感じの音楽なんだろう?と思って、年末で部活もお休みだった時に遊びに来ていたいとこの家族と渋谷のタワーレコードに行ってCDを買ったんだよ。聴いた時は、優しい歌声と暖かいギターの音色、そして時折鋭く畳み掛ける様な旋律に圧倒されたんだっけ。だけど、それ以来、ずっと音沙汰が無くて、心配していた中、この新アルバムですよ。タイトルはElephants... Teeth Sinking Into Heartで、豪華な2枚組になっております。2枚組という事だから、きっと中身も盛り沢山で、聴き所も多いんだろうな。

4年振りの復活に、心から祝福をしたいと思ってます!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-10 18:38 | music | Comments(0)

Yes It's Obama

アメリカ大統領選。オバマさんが勝利。

最初に当選確実を知った時、これはアメリカ史に残る大きな事件だな、と確信した。まさか、マイノリティーとして排除されてきたブラックの人が政治の実権を握る事になろうとは、キング牧師でさえも分からなかっただろうなあ。今、キング牧師が生きていたら、どんな顔するだろう。きっとオバマさんの事を誉め讃えるだろうね。

オバマさんが得意とするのは演説。皆さんもご存知だとは思うのですが、政治が分からない人にも理解出来る様な、簡単かつ的確な言葉を並べ、国民に変革を訴えています。やはり選挙演説の際には、雄弁な人でないと勝てないよね。マケインさんはボキャブラリーはあるけれど、それを有効活用出来なかった。経験はあるけれど、それを上手に国民に訴える事が出来なかった様に思う。だから、最後は自暴自棄になって、美人なペイリンさんを引っ張り出してコント番組に出たり、オバマさんを非難する事ばっかり言う様になってしまったのかも知れないね。もっと冷静になるべきだったんだと思う。それでも、カオリはオバマさんが優勢だったのではないか、と思うね。オバマさんは言うまでも無く若いし、攻めの姿勢があるし、国民と同じ目線に立って政治をしている様なイメージがあるからね。ロックスターの様な潔さも持っていると思う。言うなれば、国民の理想の塊なんだと思います。だから、オバマさんは勝利した。私はそう思ってます。

オバマさんが大統領に選ばれて、ホッとしているのも束の間、アメリカには色んな問題が山積していますよね。世界的な金融危機、イラク戦争、同性愛問題。オバマさんがどんなカードを切るかで、国民の動き、社会情勢は決まってくるわけだから、そこはよく考えて、神経を集中させて行動するべきなのかも知れません。これからオバマさんがどんな行動に出るのか。それが今後の注目すべき点でしょう。

とにかく、オバマさん、おめでとうございます!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-11-07 15:52 | politics | Comments(0)