トクホンショーを録音

気がつけば、9月も今日で終わり。何だかここ最近やたらと涼しいし、もう夏も終わりだな、と諦めざるを得ない時期へと差し掛かってまいりました。

そんな時期に聴きたい、暖かい音楽!

Duffy

洋楽好きの方は既に知っているかも知れませんが、女の人です。新鋭シンガーでございます。若いのに渋くて、暖かみのある歌声が特徴。楽曲も粒選り。最近はMercyっていう曲が巷を賑わせています。気になった人はオフィシャルサイトもあるよー。

The Verve

久し振りのアルバムが発売になったばかりのこのバンド。アルバムにも収録されているLove Is Noizeっていう曲にヤラれました。キャリアもあるという事で、音のスケールも壮大だし、楽曲の持つ世界観も美しい。これは秋の夜長に最適のバンドだね!アルバムが欲しい限りです。

読書の秋だの何だのって言うけれど、カオリにとって秋は、学問の秋とファッションの秋と音楽の秋だね!

皆さんも、それぞれの秋を満喫して下さい!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-30 23:00 | music | Comments(0)

タマちゃん in the 鶴見川

ここ最近起きたラッキーな出来事。

VOLAのライブに行く事が決定しましたっ!

最近、見事にハマって家族にもすすめているVOLAですが、その思いが通じたかどうかは知らんが、何とライブに行ける事になりましたー。行くのはフジテレビで敢行されるFactoryの番組収録なんだけど、観覧希望がオフィシャルサイトに出ていて、エントリーしたら、当選したっていう事なんですよ〜。これでVOLAがナマで観られるぞ〜!そっくりさんではなくて、本物のアヒトさんに会えるぞ〜!あと、別のバンドも密かに楽しみにしてます。ハッハッハー。

それまでは、家で勉強をしていよっかなー。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-29 01:06 | music | Comments(0)

水戸黄門出没情報

いや〜、楽しめました。アーメイの日本公演。その熱狂を、皆さんにお伝えしようと思います。

本当に、お誘いを頂いたのも、公演に実際に足を運ぶ事が出来たのも、何かの縁なのではと思ってしまうよ。音楽に貪欲で、アーメイのパワフルなパフォーマンスを生で体感したいという人達が、会場には集まっていて、その人達と同じ空間を共有出来た事は、この上無く素晴らしい事だったんだな、と強く思った次第であります。

では、行きましょうか!はじまりはじまり〜。

アーメイ 日本公演~STAR~
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-28 21:38 | music | Comments(0)

どうもー!昨日はアーメイの歌を堪能してきましたよ〜!やはりナマは違うね。

何と言うか、パワフルでね、今すぐそこで人が歌ってる!っていうのが強く伝わって来る様な、ステージと観客の距離が近く、とてもアツい公演でした。

いやいや、本当に音楽が好きで良かったって、心から思ったよ。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-25 00:20 | music | Comments(0)

僅差でキジが勝利

いきなりですが、明日は何とアーメイという台湾を中心に活躍中の歌手の公演に行くんです!実は7月に私が行く事は決まっていたんですよー。で、チケットが手元に実際に届いた時、興奮したよー。なんてったって、8万人を集めてステージで歌ってる人を観る事が出来るんだから!ってなわけで、今から楽しみでルンルンです。ヘヘ。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-23 00:54 | music | Comments(0)

最近、カオリはどんな曲を作っているのかを皆さんにお伝えしたいと思います!

今は勉強と平行して数曲作ってるわけなんですが、今作ってる曲にはテーマがあって、曲を作っている間はそのテーマを如何に音楽として表す事が出来るのかを考えながら作っているんですわ。

で、そのテーマを説明すると、まずは都会の少女。都会の真ん中に、一人ぽつんと佇んでいる少女。その少女は、一体何を考え、その少女の目には、一体何が映っているのか。これはエレキギターの音を全面に押し出した、アグレッシブでサムライチックな楽曲にしてみよう、なんて思っている所です。

もう一つは、誕生日ソング。これは以前、父に

カオリも誕生日ソングを作って、世界的に有名にでもなっちゃえ〜!

と言われたので、目立ちたがりのカオリは作る事を心に決め、試行錯誤しながら作っております。今、誕生日ソングの候補は3曲あります。完成したら、皆さんに聴いて頂きたいな〜。

そしてもう一つ。東京がテーマです。東京が好きだから、曲を作ってみたいと。で、そこに、東京の美しさと、カオリが如何に東京が好きなのかと、東京に漂うダークな空気を表す事が出来たらな〜なんて思いながら作ってます。

何か、最近作ってる曲、都会系ばっかりだな〜。まあいいか。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-16 18:16 | music | Comments(2)

サイパンで裁判

書きたくてウズウズしてた話、書いちゃうぞーっ!

えーとですね、最近街中や学校でよく誰かに似ている人に遭遇するんですよね。それを皆さんに知らせたくて。

で、誰に似ている人に遭遇したかと言うとですね・・・。安田美沙子さんでしょー、ストレイテナーホリエさんでしょー、あとは誰だったっけ、アジカンの山さんにそっくりな人にも遭遇したっけな。

その中でも最も奇跡だと思ったのはVola & The Oriental Machineアヒトさんに似ている人でね、学校でよく遭遇するんだよね。卒業式とかにね。最初はピンと来ないけど、遭遇する度に似てる!と思ってしまうんだよね〜。以前、お話する機会があって、ついつい

ドラムは叩けますか?

と質問してしまった・・・。ハッハッハー。

ダメだ!そんな事するために学校に行ってるわけではない!勉強せねば!目指せ留学!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-16 00:05 | music | Comments(2)

永遠に16歳でいやがれ!

もう夏休みが終わって2週間は経ちまして、世間的にも気候的にも秋に移行しつつありますが、カオリの夏は終わらないぜ!

ってなわけで、夏休み中に聴いたCDの話です。

Vola & The Oriental Machine/Waiting For My Food

e0025433_22415483.jpg


日本のバンドが好きな人なら誰でも知ってると思うこのバンド。私も最初はバンド名だけは知っていたのですが、楽曲は聴いた事がありませんでした。というより、アヒトさんがどんな人なのかも知りませんでした。

そんな私に転機が訪れたのは去年の事。何となくVolaが気になっていろいろ調べて試聴をしたところ、非常にカッコイイ!何だこの音楽は!と思いまして、それから虜になったというわけです。そして、遂にCDを買う事が出来たのです!

まずはPrinciple Of Machineから。最初から歪み放題のギターの音、楽曲の中に漂う良い意味でのアンバランス感が聴く側を興奮させる。この絶妙な演奏はすごい!スキルが高く無ければ、こんなクールな演奏が出来るわけが無い!そんな事を思ってたら次の曲、A Communication Refusal Desireへ。この時代の閉塞感を歌っているかの様な哀愁漂うアヒトさんのボーカルに、緊張感のある演奏がぶつかり合う。コミュニケーションが薄くなり、人を信用出来なくなっている人が多いこの時代に、果たしてこのままでは良いのかと問い掛ける様な、そんな楽曲であります。あとはConcourNageri To Kasuppa等、純粋に聴いているだけでも楽しめる、娯楽性の高い音楽がこれでもか!と続きます。そして最後はSong Of Ruinなんだけど、これもまた、バンドの未知なる可能性を感じられる楽曲なんです。

このミニアルバム、考えてみると、このバンドの名刺的な存在なんだと思った。この様な音の鋭さで、この様に音楽を楽しんでいて、この様に音楽に対して情熱を持っているんですよーみたいな、バンドの根幹にある物を作品にしているんだな、と感じました。とにかく、ユーモアがあって、だけどシリアスで、それでいて不思議で。そんなバンドの音像が、日本の音楽の未来をこじ開けるのではないか、と密かに期待してたり。

最高にカッコイイバンドです!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-15 23:27 | music | Comments(0)

磐梯 or Die!

それは夏休み最後の日。家族で八景島まで行って来ました!

事の発端はその日の朝10時過ぎ。カオリが部屋で寝ていたら、いきなり母がドアをノックする。そして、こう言った。

カオリ、今日は皆で八景島に行くよー!

えっ、マジで?

家族でどこかに遊びに行くなんて久し振りだ。カオリは行かないわけが無い。支度をしていざ出発!

水族館もまた久し振りで、サメだのカメだのペンギンだの、いろいろ観て来ました。それにしても、魚って奇麗だよなー。あれは自然が生み出した究極の造形美だよなー。嫉妬するね。人はどうやったって自然に勝てる様な美しい物って、生み出せないだろうからさ。

あとはイルカが好きな弟のタカ・マックラケンの提案でイルカショーを観る事に。客席は満員。誰かのライブが始まるのかと思う様な勢いで満員でしたよ。イルカショーは、イルカだけでは無く、セイウチやペンギンも出て来て、ネタをやるんですよ。それがまた面白かった。よく働くな、セイウチ。

イルカショーが終わってからは、売店でタカ・マックラケンがかねてから欲しがっていた巨大なイルカのぬいぐるみを買ったり、またまたイルカを観に行ったり、父と母が何とサメに触ったりと、思い思いの夏の終わりを満喫したのでした。あ、もちろんカオリも楽しんだよ!

帰りは中華街に行ったのだけど、雨がザーザー降ってました。いきなり降るなよ!

過ぎて行く夏を惜しみながら、また訪れる夏への期待を胸に抱き、これからの日常を生きていくのだ。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-10 15:19 | other | Comments(0)

福田総理・辞任

この前の夜、何時もの様に家族でリビングに集まり、テレビを観ながら雑談を楽しんでいた時の事だった。テレビの画面がバラエティー番組から切り替わり、キャスターの顔が画面全体に映った。そして、次の瞬間、画面右下に表示されたテロップは、今の日本にはびこるやるせない失望感を反映しているかの様にも思えた。

そう、そこに表示されていた文字とは・・・。

福田総理、辞任。

最初は何が起こったのか、勿論分かる筈は無かった。どうしてこのタイミングで?選挙で国民の声を聴いてから、進退を考えれば良かったのではないか。そういう思いが脳内を駆け巡った。

しばらくして、またバラエティー番組に切り替わったが、私はバラエティー番組そっちのけで、今回の福田総理の辞任について考えた。

最初は納得いかなかったけど、時間が経つにつれて、どうして今回福田総理はこの様な決断をする事になったのかを冷静に考える事が出来る様になってきた。

私の憶測だと、このまま福田総理が総理として留任していると、選挙が行われた際に、自民党に対するバッシングが著しくなるから、ここはひとつ、福田総理を辞任させ、別の誰かを総理にさせる事で、自民党のパブリック・イメージを堅持し、国民の政治への関心を分散させようとしているのではないだろうかと思った。何て言うのかな、なかなか言葉に出来ないけど、国民をもっと政治に対して無関心にして、今度の選挙を乗り切ろうとしている感が否めないんだよなー。これも一種のパフォーマンスというかさ。本当の事は、まだ分かりませんが・・・。

更に、今起きている事には何かしら理由があって、国民は日本に住んで政治に参加している以上、その理由を自らの力で突き止める必要があるのではないか、とも思った。もちろん私も日本に住んで、まだ参政権は無いけど、政治と関わりながら生きているわけだから、政治にもっと関心を持って、今回裏で起こっている事を調べたいという考えはあります。そのためには、責任をしっかり持たなくては!

官僚からの合図に流されるだけでは、いけないんだ!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-09-05 01:57 | politics | Comments(0)