カンザス州のスパイク

近所の盆踊りも終わり、ひと段落。聴いたCDの感想です。

The Fratellis/Here We Stand

e0025433_15551774.jpg


ロックファンなら誰しもが待ったであろう、The Fratellisの新アルバムです。渋谷のタワーレコードではベストセラーになっている模様。

近代におけるロックのスタンダードの様に思えるが、異端児が友達と無邪気に鳴らす陽気なロックという様な感じで、聴いていて非常に楽しくなってくる。お祭り騒ぎとも言えようか。だけど洗練されている様にも聴こえるのは、そのセンスの良さからきているのではないだろうか。My Friend Johnなんかの曲でその部分が顕著になっている。底抜けに明るい感じもありつつ、ロマンチックな展開があるBabydollや、田舎の小さなライブハウスで歌っている歌手目線のAcid Jazz Singer等、楽曲それぞれの持つ風景も楽しめる。

最近はガソリンの値段の高騰やテロの頻発等、あまり世界的に日常を楽しめなくなってきている。しかし、そんな時にこそ、このアルバムを聴く事で、幸せを感じられる事は出来るのではないかと思う。このアルバムは、民族や場所、今置かれている状況等を飛び越えて、僅かな時間かも知れないけれど、心が豊かになれる可能性を持っている。そんなアルバムがあるんだよ、そんな音楽があるんだよ、という事を、カオリはここで伝えたい。

なんだかんだ言って、このアルバムは素敵、という事です!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-28 16:21 | music | Comments(0)

ようやくチケットが取れた喜びを握りしめ、横浜アリーナへと向かった。また夏がやって来る・・・!

そうです、NANO-FES.の感想を書きたいと思います!私はまだ興奮冷めやらぬといった感じなので、文章からその熱気が伝わればなと思います。

それでは、いきます!はじまりはじまり〜。

NANO-MUGEN FES.2008 July 20th
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-26 19:25 | music | Comments(4)

スポンサー争奪戦

e0025433_23213472.jpg


行って来ましたよー!そうです、ナノフェスに!もうね、本当に楽しかった。素敵だった。行く事が出来て幸せだなーって心の底から思っています。あっ、カオリが行ったのは20日のみです。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-21 23:21 | music | Comments(0)

立ち止まって、ゆっくり考えるのも良いもんだね。

この前、アジカンの未だ見ぬ明日にを聴きました。

脈打つ生命から始まるんだけど、最初から力強い、聴く側を圧倒する様な演奏を聴かせてくれます。何を音楽にしても説得力のあるアジカンの音って、聴いていて本当に羨ましくもなるし、勉強にもなります。次は、サイエンスフィクション。この曲は社会に蔓延する嘘と本当というのが題材となって作られている様な気がした。大人がふんぞり返って平和を訴えていても、それはもしかしたら嘘かも知れない。人の意見が飛び交う中でも、最終的には本当はひとつしか無い。誰かを過信していたら、結局騙されてしまう。騙されるか騙されないかは、自分次第だという事を感じた曲だった。そしてムスタング。この曲は人が感じる悲しみを切実に歌っていて、それは孤独だったり、社会からの疎外感だったり、理由も無い、漠然とした悲しみだったりすると思うんだけど、それをカバーする様な、優しい曲なのではないかな、という印象を受けました。次の深呼吸は、疲れて何もかもを忘れ去りたいと思った時に、それは正しい行為なのかどうかを考え直す事が必要だと思わせてくれる曲の様に思った。理性が必要なんだな、という事もこの曲を聴いて考えたりもしました。融雪は、タイトルの通り冬の終わりをイメージして作られた曲で、春に向かって暖かくなっていく中での心境の様な物を歌っているのだと思うのだけど、世界観が美しいな、と思った。

全体的に、やはり最近アジカンが提唱している社会との距離感というのが、このミニアルバムの曲を繋いでいるのかな、と思いました。楽曲の完成度もさる事ながら、思想面から学び取れる事も多くありました。

さすがアジカン。しばらくはずっとこのミニアルバムを聴き続ける事となるでしょう。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-19 17:15 | music | Comments(0)

理科が理解出来ない

今日、カオリの身に起こった、とんでもない奇跡。

最近、カオリはこれから留学に向けて、第一志望の大学に行くにはどうしたら良いか、これからどの様に勉強していけば良いのか、夏休みが終わってからはどの様に過ごしていけば良いのか、かなり考えていたんです。もう、寝ても覚めても勉強の事ばかり。まあ、勉強が好きだから、苦痛ではなかったんだけどね。

で、夏休みは家にこもりっきりで受験勉強をしようと思っていて、アジカンのNANO-FES.も今年は諦めようと思っていたんですわ。だけど、どこか諦めきれない所があって、ずっとイライラしていたんです。

そうしたら、母にカオリがイライラしている事が分かったみたいで、昨日、

よし、カオリ、チケット取ろう!これ以上カオリが苦しむ姿を目にしたくない!

と言ってくれて、今日、チケット捕獲大作戦を計画したんです。だけどチケットは既にどこにも置いてなかった・・・。

しかし!それで諦める母では無かった!何と、横浜アリーナに電話して、チケットの状況を調べてくれたのだ!その結果・・・。

チケットが取れたー!

そうです、母が粘りに粘って調べたら、当日券があるという事が分かって、取ってくれたのだー。

母にはただただ感謝です。

さーて、楽しんでくるぞー!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-19 14:52 | music | Comments(0)

北千住にいたセレブ

この前、ハイラインレコードのクローズの日に、ハイラインに行った足で古本屋さんに行って、Rockin' On JAPANを2冊買いましたよ。かなり前の。8年前のと9年前のね。

読んでみて、マジハンパ無く懐かしかったな〜。カオリはその時Thee Michelle Gun Elephantとかトライセラトップスとかが好きで、トライセラなんかはCD持っててよく聴いていたっけな。もちろん、友達とは音楽の話は合わなかったよ。

で、今読んでみると、こんなバンドも載ってたんだ〜とか、そういやこんなバンドいたっけな、とか新たな発見もあるわけです。そう、それは世界ふしぎ発見!の様な感覚ですわ。で、タイムスリップして、ライブに行ったりしたいな〜なんて思ったり。Polysicsの記事を発見した時は、本当にそう思ったよ。

改めて、日本にもカッコイイロックバンドがいるんだな、という事を認識させられた良い機会になりました。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-17 14:53 | music | Comments(0)

遂に、聴きました!あの噂のバンドのCDを!

Cajun Dance Party/The Colourful Life

e0025433_1292287.jpg


何と今高校生だという5人組ロックバンドが発するアルバム。前から騒ぎにはなっていたけれども、このアルバムを聴いて改めてこのバンドの可能性を実感するのでした。

まずColourful Lifeから。楽器のチューニング音から始まるこの曲は、新人バンドだからこそ出せる、エネルギッシュでみずみずしいサウンドが遺憾無く発揮されている所がポイント。若さってすごいな、若さって良いななんて思ってしまう曲でもあります。その後も、弾けていてセンスの良い楽曲がこれでもか!と続きます。何て言うのかな、がっつり演奏しているんだけども、優雅さも兼ね備えているんだよな。そうだ。プレッピーな感じだ!プレッピーの日常の様な、気取らない、それでいてカッコイイ、そんな音楽なんだよな〜。Amylaseも本当にカッコイイ。メンバーの息がピッタリと合っていて、旋律と対旋律のバランスが非常に美しい。

このアルバムを通して聴いてみて思ったのは、このアルバムには音として形にする事で永遠と成り得る青春という時を、バンドが良い状態の時に収録した物なのではないかという事。このバンドにとって、このアルバムをこの時期に作る事というのは必然的だったのだろうと、勝手に解釈しています。

とにかく、素敵なアルバムだよ〜。このアルバムを聴いて、自らの未来に向かって進む気力を持とうではないか!
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-17 02:00 | music | Comments(2)

e0025433_0475342.jpg


今日は下北沢まで行ってきました。何か、下北沢ってギターを背負ってるギター小僧が異様なまでに多いって改めて思ったね。ギター背負ってどこ行くんだろうか。謎は深まるばかり。そんな事を思いながら下北沢を歩いてきました。そこで古本屋の素晴らしさに気が付くわけです。Rockin' On JAPANのバックナンバーが置いてあったんです!既に古本屋に通ってる人はご存じだとは思いますが、私は古本屋にあまり行った事が無いために驚いたってわけですわ。これから下北沢に行ったら古本屋をチェックしたいと思ったね。そんな感じです。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-12 00:47 | music | Comments(0)

私と漏電

この前、悲しい情報が飛びこんで来ました。

ハイラインレコーズ、営業終了。

10年近く日本の音楽、主にロックを支えて来たハイラインレコーズですが、7月15日をもって営業終了との事。

いろいろ調べたんだけど、どうやらこの話は急に決まったのではないかな〜とカオリは考えました。何があったのか分からないけど、ハイラインが無くなってしまうのは事実。

カオリが高校生になって、日本のバンドを聴く様になってから、下北沢にあるハイラインに行ってみたいと思う様になり、最初に行った時はまだ日本のバンドの事はあまり知らなかったので、どんなバンドの曲が良いのか分からなかった部分もあったのですが、日本の良いバンドの存在を知っていく度にハイラインがバンドにもたらしている影響力を強く感じていたわけです。

この前久し振りにハイラインに行って来たんだけど、その時はまさかハイラインが無くなるとは思ってなかったな〜。

最終日までは、何度か通い詰めようかと思ってます。誰かに遭遇するかも?だけどさ、遭遇したとしても話し掛けたりはしません。プライベートを守る義務がファンにはあるから。

とにかく、ハイラインにはお世話になりました。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-10 19:44 | music | Comments(0)

委員会に言わんかい!

ずーっと記事書いてませんでした。すみません。勉強してました。

だけどねー、音楽からは遠のいてませんでしたよ!タワーレコードのセールにもばっちり行ったし、ポイント2倍だったし、欲しかったCDも買ったし!というわけで、セールに出向いた話をしようかと思います。

この前、渋谷のタワーレコードでCDを収納するコンテナを買うつもりで行ったんだけど、想像していた以上に高額だったため、お財布ちゃんと相談した結果、買わない事に。で、洋楽のフロアにあったカオリの好きな歌手の新アルバムがあったので、こっちを買う事にしようかな〜なんて思ったんだけど、値段は2510円で、洋楽のCDにしては高額だな〜と思ってまたまたお財布ちゃんと相談した結果、買わない事に。だけど、何も買わないのは物足りないだろうという事で、カオリは麻布十番経由で秋葉原のタワーレコードへ。テクノのCDを探したり、The WhipのCDを探したりしていたら、渋谷で発見したCDがあって、値段に目をやると何と2195円ではないか!

何だ!この値段の違い!

かなりのお値打ち価格・・・。CDショップには誘惑が渦巻いている・・・。

よーし、買ってやろう!

そんなわけで、遂に捕獲。CDを強奪してカウンターまでダッシュ。これ、明らかに怪しい人と思われただろうね。だけど、欲しかったから仕方無いんだよ。もちろんポイントは2倍。やったね!

最近はテクノだとかオルタナだとかクラシックに目がいってしまいますね〜。とにかく色んな音楽を聴いて、色んなインスピレーションを受けて、それを作曲に活かしたいです。
[PR]
by ochestraa442 | 2008-07-09 02:11 | music | Comments(0)