生き写しですか

あー、バンドで演奏する曲を譜面に起こさなくてはいけないよー。まあ楽しんでやればなんて事無いんだけどね。

で、今日、この前さわやか律子さんを気取りすぎた影響からか、筋肉痛が痛む中、銀座に五線譜とペンを買いに行ったよー。

その前に、弟のタカジオ・メンデスが5月31日に誕生日を迎えるので、渋谷でプレゼントを捕獲してからいざ出陣!

で、いきなり画期的な物を発見してしまったんだよ!

その名も!

バンド・スコア・ノート!

どうだい!ボーカル、ギター、もうひとつギター、あとごにょごにょ、ベース、ドラムのスコアが書ける様になっている、超画期的なスコア・ノートだい!やったよ!嬉しいね〜。これ使うとはかどるよ〜。

ペンもまた良いのがあったんだよね。

譜面起こし用ペン!

これ、ペン先が特徴的で、音符を書きやすい様に作られてるらしいんだよね。お値段もお手頃だったので、ついうっかり買ってしまったよー。

さて、ライブで良い演奏が出来る様に、しっかり譜面起こし作業をするぞー!
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-29 22:33 | music | Comments(4)

雨ふらしめー

さーて、今日は学校の集まりだー!皆で集まってたわいも無い雑談を・・・。楽しみだなあ。しかし、外はあいにくの雨。

てなわけで、最近買ったCDの紹介でもしますよ。

この前、タワーレコードのポイントが全部溜まった、と書きましたよね?それを使って洋楽のCDを2枚買ったわけですよ。で、かなりカッコイイんだな、これが。

まずは、これ。

Arctic Monkeys/Whenever people say I am, that what's I'm not

e0025433_8234925.jpg


最初聴いた時は、運命を感じました。マジで。世界的にイギリスのロックがアツいけど、本当にすごいやね。息の合ったアンサンブル、磨き抜かれたテクニック、飾らないけどとにかくカッコイイ曲調。だけど風貌は普通のヤロー。ファースト・アルバムでここまでセンスが良いと、これからに期待してしまうのはカオリだけでは無い筈。When the sun goes downが有名だよね。タイトルのひねくれた感じも好きだなあ。

さ〜て、お次。

The Raconteurs/Broken Boy Soldiers

e0025433_8323172.jpg


やっと買いました。やはり最高のアルバムでしたよ。Jackらしさがこのアルバムでも生きているね。この不思議感は病み付きになるね。コーラスのバランスなんかがまた作品の不思議さを倍にしている気もする。全体的に、アコースティックな仕上がりだね。エレキギター使ってる曲もあるけどさ、違和感が無いんだよー。Steady, as she goesYellow sunがおすすめです。というより、このアルバムはどんどん聴きこんでいくと分かってくる様なアルバムだと思うので、時間をかけて、じっくりと解いていきたいと思います。こういった、時間をかけて、じっくりと聴いていけるアルバムも大好きです。即効性というよりも、じんわりゆっくり効いてくるね。

う〜ん、なかなか傑作だな。お役立ちマストバイアルバム!だね。
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-27 09:00 | music | Comments(2)

わーっ

うぎゃーっ!

寝過ごしたー!

英会話のレッスンが・・・。レッスンが・・・。気づいた時には間に合わない、というより行ったとしても終わってる様な時間・・・。ガーン。

これからは気をつけます。ここまで寝ていたのも自分がいけないんだし。

まあ過ぎてしまった事を悔やんだって、ね〜。なので、最近聴いたCDの事でも書きますか。

まずは、これ。

Kelly Clarkson/Breakaway

e0025433_143622.jpg


以前から気になっていて、ようやく聴く事が出来ました。なんてったって、歌が上手やね。曲の世界に巻きこまれていってしまうよ。実はこの人、アメリカの超人気テレビ番組、American Idolの初代Winnerなんですよ。この番組は、何人かの歌手志望の人が、お題に沿った曲を歌って、審査員や視聴者がピン!ときた人に投票するわけです。で、必ず1回の放送につき1人落とされるわけです。投票で最下位だった人ね。で、回を進めるにつれてどんどん歌手志望の人が絞られて、最後に残ったWinnerは好条件でメジャーデビュー出来る、といった感じなんだけれど、そんな番組のWinnerだけあってやはり歌が上手です。音楽傾向はというと、ロックな感じ。だけどアメリカらしい壮大さがあって素敵な仕上がり。これからにも期待出来る歌手ですね。

さ〜て、お次!

Jack Johnson/In Between Dreams

e0025433_14191880.jpg


最近のサーフ・ミュージックを語る上でこの人無しでは語れない!とまで言われてしまう位の人気ぶり。何かね、スローライフを満喫しているからこそ生まれた音楽だと思う。都会のギスギスした場所からこんなのんびりした明るい曲は生まれないだろうなあ。自然の大切さ、ありがたみ、人生指南。そんな物がこのアルバムには詰まってる。自然を大切にしたくなったね。今の生活に疲れている人、海が好きな人は好きな筈。

と、こんな感じですかね〜。ますますアメリカ行きたくなっちゃったよー!
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-24 14:30 | music | Comments(0)

まじめな話

政治の事、この脳みそをフルに使って考えてみた。日本の政治はどうなっているんだろう。どうしてテレビではあまり政治の事を話さないんだろう。どうして国民に対して不透明なんだろう。どうしてこんなにもぼんやりしているんだろう。

そう、日本の政治が国民に対してオープンでないのは、このぼんやりがいけないのではないか、と思うんだよね。まず官僚がそれに値するんだよね。ぼんやりした人がぼんやりした制度を作る。しかも、自分達の都合の良い様な制度ね。そのぼんやりが国民には見えないのさ。それを良い事に、どんどん自分達の都合の良い様な制度をどんどん作る。だから、税金が政治家の息子のライブ代になったり、娘の留学費用になったりするんだよ。で、国民には何の見返りも無い。これって一体どうなのさ。明らかに理不尽だ。汗水流して働いて稼いだはずなのに、ほとんどを税金として持って行かれて、結局は官僚の贅沢かつ我が儘な生活に注ぎこまれるんだよ。あ〜あ、嫌になっちゃうな〜。

で、政治をもっと知りたいカオリは、こんな素敵なサイトを発見しました。

政治をもっと知ろう!

ここのサイトは日本の政治に関する情報がどっさりあります。カオリも政治の事をもっと考えていきたいと思っています。

で、政治の事を探っていたら、とある事に気づきました。

思想だよ。思想が大事なんだよ。

まだそこまで探っているわけでもないけど、政治の基盤にあるのは思想なんだな、っていうのがうっすらと分かってきたんですよ。思想のある人っていうのが強いんだよ。歴史上でも、政治思想家がどんどん政治のあり方について紐解いているでしょ?そういう人が歴史を作っていって、その政治のあり方がひとつのスタイルになるってわけ。政治的思想さえ持てば、もしかしたら日本の未来を変えられるかも知れない。

って言ってもさ〜、ひとりでやっても意味無いんだよね〜。むしろ官僚から潰されるかも知れないし。出るくいは打たれるっていうことわざがあるもんね。

試行錯誤して、いかにして日本の政治を変えるか、どうしたら国民ひとりひとりを認める社会になるのかを考えていきたいとも思っています。で、その政治的思想を、カオリの音楽活動に反映させたいんだよな。
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-23 18:23 | politics | Comments(2)

告知ですよ

皆さん!告知があります!

カオリ、ライブやります!

いやマジで。マジでやります。先輩と組んでいるバンドでライブをやります。Jazz中心にはなりますが、ロックもやります。

B-flat 8ers Special Live

7月16日 日曜日 調布のどこかで
open 6pm start 7pm

私と先輩で組んでいるバンドとは別に、先輩が別に組んでいるバンドも3組出場します。JazzやLatinのバンドです。カオリもその中の1つのバンドにフルートで参加します。

気になった人は、コメント欄に鍵コメして下さい。
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-21 10:57 | music | Comments(7)

砧住まいのNYLON娘

先輩と組んでいるバンドのライブの詳細が決まってきています。練習すっぞー。

ってなわけで、カオリが最近マジハンパ無く好きな曲があるんで、書きますぞ。

その曲っていうのが、最近のカオリが好きで聴いている感じの曲とはガラリと違うのですが、とりあえずすごい勢いで好きなんですよ。

深田恭子 with Two Tones/ルート246

まず、カオリがこの曲を好きになったいきさつから。その時、カオリは部屋の掃除をしていたんですよ。そうしたら、4年前の物と思われるMDを発見しまして、ラベル面を確認したら、この曲のタイトルが書いてあって、そう言えばそんな曲があったっけ。久しぶりに聴いてみよう!と思って聴いたら、

度肝を抜かれた。

60年代のサイケデリックなロック・サウンド。皆さんご存知テケテケ。そこにホーンが絡む。で、舞台は東京。

全部カオリのツボじゃねえかー!

もう、サウンドがオシャレ。魅力的なアプローチ。イカすぜ!それに加えて歌も上手だから、感服しましたよ。

これを聴いて思ったけど、深田恭子さん、また歌ってくれないかなー。今度はテクノ系で!お願いします!
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-18 19:46 | music | Comments(0)

障子破りPro(最強版)

あーっ!ファッション雑誌、CUTiEの表紙がPuffyだーっ!

CUTiE

これ、買わずにはいられない!という事で、捕獲!

んで、中を読んでさらに驚いた!

ん?この四角いメガネ掛けたお面、どっかで見た事があるぞ。

そうです!

BEAT CRUSADERSのヒダカさんが掲載されているではないかー!

そこまで大きい記事ではないけれど、カラーでしっかりと掲載されています。ファンの方は是非チェックを。

さらに、オシャレな洋服のショップも世界ふしぎ発見!

spank!っていう、まあ、言ってしまえば古着屋的なショップ。オフィシャルサイトも良い感じなので、是非チェックを。だけど、店舗は高円寺のみ。

Spank!

あとは、夏フェス特集なんかもあって、ロックファンの人は特に楽しめる様になっていると思います。
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-15 22:40 | fashion | Comments(0)

スリッパ脱獄法

お誕生日おめでとうコメントをくださった皆さん、本当にありがとうございます!嬉しいです!これからも皆さんにずっと読んで頂けるブログを心掛けて記事を書いていきたいと思います。

というわけで、音楽情報、いってみよ〜!

まずは、女性シンガー・ソングライターから。

Feist/Let It Die

実はね、カオリは女性シンガー・ソングライターは好きなんだけど、ロック系ってあまり聴いた事が無かったんだよねー。しかし、これはジャケットを観ても分かる通り、かなりロックです。しかもこのタイトル、意味深だよねー。まだCD持っていないので、欲しいです。

お次は新鋭ロックバンド。

The Raconteurs/Broken Boy Soldiers

新鋭っちゃ新鋭なんだけど、実はこのバンドのフロントマンはThe White StripesのJack Whiteなんですよ〜。それ以外にも、ソロで活躍しているらしいBrendan BensonにGreenhornesのJack LawrenceとPatrick Keelerが参加しています。って言っても、Jack Whiteしか知らないよ、カオリはさ。音はやはりカッコイイです。人と違う音楽を聴きたい人におすすめです。

最近はこんな感じです。いや、あと、Nelly Furtadoのアルバムが楽しみです。
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-15 22:18 | music | Comments(2)

うっひゃーっ

わーっ!遂に誕生日を迎えました!皆からは、かなり老けていると言われる私ですが、実はまだ17歳だったりします。これからもよろしくお願い致します。

で、今日、おばあちゃんが家に来て、カオリにお祝いを渡してくれました。やった!冷え性にはMozartの218が良いといった様な事も教えてくれました。クラシックも好きで、さらに冷え性のカオリにとって、これはかなりのお得な話。

これから家族でパーティーです。楽しんでやろうじゃねえか!
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-14 16:58 | other | Comments(10)

運命の時

そうです、カオリ、アジカン主催の夏フェス、NANO-MUGEN FES.2006のオフィシャルサイト上のチケット特別抽選にエントリーしていたんですよ。

抽選なんて、過去に一度も当選した事が無いカオリ。だけど、やるだけやってみようと思って、エントリーしました。

で、今日が結果発表の日。さて、カオリの結果やいかに?NANO-MUGEN FES.2006のオフィシャルサイトへアクセスし、抽選結果を確認する事に。

で、結果は、

ぬぁ〜んと!

当選してました〜!

当選しているのを知った時、叫びまくりました。普段叫ぶ様なキャラでも無いのに。いや〜、カオリは幸せだよ。人生初の当選、しかもアジカン主催の夏フェス!くぅー!たまらねー!

これでアジカンとThe RentalsとSilver Sunとビークルとテナーが満喫出来る!HiGEってどんなバンドなんだろう。

ひゃー、楽しみ!
[PR]
by ochestraa442 | 2006-05-12 18:54 | music | Comments(10)