カテゴリ:music( 798 )

宇宙人疑惑発覚!

さて、滞っていたCDの感想を。

Bullet For My Valentine/Venom

e0025433_1928325.jpg


今回もハードさ、ラウドさが突き抜けていて、勢いが良い。メンバーチェンジがあったとの事だけれど前進していく力強さが見受けられる意欲作。どことなく親しみ易いサウンドが、このバンドの持ち味だと思っているし、ここからメタルを好きになっていく人もいるのではないかな?とも思う。男に二言は無い!カッコイイアルバムだ!
[PR]
by ochestraa442 | 2017-03-16 19:33 | music | Comments(0)

昨日は母校の定期演奏会がありました!そう、ここひと月猛練習していた成果を、遂に公開する時が来たのです!

今回は初めて演奏する曲、カオリが部活に全力を注いでいた頃のコンクールの自由曲や演奏会で演奏した曲等、バリエーション豊かな曲目でお送りしたよ。特に、コンクールの曲や演奏会でやった曲は懐かし過ぎて、演奏していて鳥肌が立った。先輩方に憧れて、一生懸命練習したっけなあ。演奏会の時も、部員一丸となって演奏している中で拙いながらも一緒に演奏出来た事が、何とも嬉しかったな。今思えばもっともっと全力を出して練習に挑めたのではないかな、と悔やまれる事もあるけれど、だから今こうして皆と一緒に部活をやっているわけで。後輩達は皆純粋で、如何に良い演奏をするのかという事に対してとてもストイックで、本当にいい子達なんだ。だから、そんな後輩達から学ぶ事もかなり多い。そんな恵まれた仲間と挑んだ定期演奏会。全力出し切った。もうね、終わった直後から筋肉痛ですわ。で、今もヘトヘト。だけど達成感に満ちた疲れってのは良いね!

てなわけで、4月からの練習も、精一杯やるぞー!顧問の先生も、今年のコンクールに向けて既にやる気の様子。是非、先生には全国大会に行って頂きたい。カオリも微力ながらお手伝いを続行させて頂きます!

いやあ、良い一日だった。楽しかった!
[PR]
by ochestraa442 | 2017-03-13 16:06 | music | Comments(0)

ご無沙汰しとります。カオリです。まさか、こんなに筆無精になるとは思わなかった・・・。ブログを書こう書こうと思っていても、なかなか書けなかったんだよ・・・。

で、そんなカオリの音楽にまつわる近況報告〜!

まずは、ボーディーズのライブに行く事になりました!イェーイ!カオリが行くのは5月にあるNHKホールでの公演。去年の日比谷野音は一日間違えてしまって行けなくてショックのあまり正気を失いヤケ買いして、しかもそのヤケ買いした服のサイズが全然合わなくて、結局かなりの額をドブ川に捨ててしまって、精神が崩壊してしまったのだけど、今回はそのリベンジだ。日程を間違えず、何があってもその日はライブ会場のNHKホールに行く!そう心に固く誓っているのだ。這ってでも行くよ!しかもライブの日はカオリの誕生日と近いので、自分へのプレゼントという感じで全身全霊で楽しめたら良いな〜、と今からワクワクしている。参加される皆さん!アッツアツのソウル汁をグッツグツに煮えたぎらせて、それはもうア!チ!チ!ア!チ!と思わず言ってしまう様な勢いで楽しみましょうぜ!ふ〜、この文章書いてるだけでもアツくなってキター!ヒャッハー!

最近、改めてAriana Grandeの良さを痛感してる。声域の広さ、艶やかな歌声、訴求力、どんなタイプの楽曲にも対応出来るスキル、そしてあのビジュアルの可愛さ!いや〜、ヤバ過ぎる。マジでヤバい。で、カオリの超絶大好きなNicki Minajと共演しているSide To Sideの曲の良さ!アレは本当にどストライクで、何度も何度も聴いてしまう。こんなに大好きだから、もういっその事カラオケで歌える様に練習しようかなー。ひとりカラオケ、しばらく行ってないな〜。行こっかなー。

カオリがかねてから注目していて、アルバムが出たら是非買いたい!と思っていたPetiteというフランスのシンガーソングライターがいるんだけど、遂に今年、デビューアルバムが完成し、発売されていたのだー!お正月に発売されていて、日本でも購入可能。しかも、まさかのあのイギリスのユニバーサルからのデビューという事で、とてつもなく驚いている。話によると、今は活動拠点はイギリスらしい。だけど、相変わらずピンク一色のキュートな世界観で、とてもカワイイ。日本でもオフィシャルサイトが開設されているので、もしかしたら日本盤も発売になるかも?そうなったら、きっとブワーッとこの人の魅力が広まるんだろうな〜。嗚呼、聴きたいな〜。欲しいな〜。

あと、2月中はスカパーの音楽チャンネルを観まくってたから、色んな音楽に触れられて嬉しかったなあ。やはりThe Weekndは圧倒的な強さを誇ってるよね。軒並みチャートで一位を取り放題!あのミュージックビデオも独特かつ意味深で好きです。やはり洋楽は楽しいね。

てな訳で、定期演奏会の準備でてんやわんやなカオリがお送りしました〜。
[PR]
by ochestraa442 | 2017-03-09 14:53 | music | Comments(0)

忍活のすすめ

お久し振り!カオリだよ!

今週はわりと健康的な生活を送れていて良い感じ。普段、夜起きてて昼間寝てるからね〜。不規則極まりないんですわ。

で、先週末にあったメイデイの二度目の武道館公演。ものすごく行きたかったんだけど、冬場は健康面を考えてライブには一切参加しない様にしているから、今回も諦めた・・・。せめて、空気だけでも楽しみたいから武道館に足を運ぼうかとも考えたんだけど、出向く事は出来ず・・・。ネットで状況を調べてみると、今回も盛り上がった様で・・・。何より!更に、先週発売になったばかりのアルバム自伝~History Of Tomorrow~も好調の様で、嬉しい限り!ちなみに、今回のライブにはflumpoolは出なかった模様。出たかな〜と思っていたので意外だった。

そして、差し迫って来たグラミー賞の季節!今年も盛大にニヤついてやろうと思う。さーて、誰が主要な賞をかっさらって行くのか!想像するだけでワクワクするぜー!

最近、なかなかスカパーの音楽チャンネルやネットで新しい音楽をチェックする機会も新譜のチェックをする機会も無いカオリですが、The Weekndの新アルバムとElliphantのデビューアルバムはせめて欲しい!と思っている。というかまだM.I.A.の新アルバムさえ捕獲出来ていないんだから、どんだけ〜!って感じだよね。もうね、日本のバンドの関しては一切情報を得ていないから、マジで浦島太郎状態だよ。浦ちゃんだよ!

以上、吸血鬼と家庭内で呼ばれているカオリでしたー!
[PR]
by ochestraa442 | 2017-02-09 17:59 | music | Comments(0)

昨日の事

e0025433_14502969.jpg


昨日も演奏会があって、観に行く事が出来るから来ちゃいなよ!トウギャザーだぜ!と先生に言われたのでだったら是非!という事で急遽参加。カオリは午後に台北に帰らないといけないから演奏会の後の高校生との交流会や嘉義観光には参加出来なかったけど、また皆のアツい演奏、そして地元の高校生の吹奏楽部の演奏も聴けてめっちゃ嬉しかった!しかも嘉義の高校生はなんと!カオリが中国語カラオケの時に必ず歌う、ウーバイの曲をやってくれたのだ〜!だ〜!だ〜!こんな所で聴けるとは思いも寄らなかったからめたくそテンション上がったよ。ウヒヒヒ。で、時間になって皆と別れ、嘉義を後にしたのだった。で、今は台北のホテルでくつろぎタイム。昨日は朝から夜遅くまで動き回ったから、今日はまだまだ続く台湾遠征のために体力温存という名目で引きこもりデーです。ちょっとした買い物以外は一切外に出ない。これを海外遠征でやるなんて、贅沢中の贅沢だよね。よーし、とことんグダグダするぞー!

あ、ちなみに画像はアレ、嘉義のシンボルキャラクターの像だよ。音楽の街なんだってさ!のほほんとしつつエネルギッシュさ満載の良い街です。
[PR]
by ochestraa442 | 2016-12-27 14:50 | music | Comments(0)

演奏デー

e0025433_1112290.jpg


今日は演奏本番だった。私は客席から皆の勇姿をしかと見届けた!1時間半もの長時間の演奏、大変だったろうな。だけど、その大変さを微塵も見せず、楽しそうに演奏してたのが本当に素晴らしかった!今、皆の事を全力で労いたい限りだよ。お疲れ様でした!で、明日は嘉義の吹奏楽部をやっている高校生と交流会。どんな出会いが待ち受けているのだろうか。ワクワクするぜ!と、ここでなにゆえ演奏会と全くもって関係ないマイメロちゃんのカードの画像なのかという疑問が皆さんの脳内に立ちこめているだろう。実はホテルに携帯を忘れて一枚も撮れなかったんですわ・・・。だから、演奏会の帰りに買ったマイメロちゃんのカードの画像にしたんだ。このカード、ただのカードではないんだ!日本でいうSuicaみたいなカードなんですよ〜。他にも数種類のキャラクターのカードがあったよ!
[PR]
by ochestraa442 | 2016-12-26 01:11 | music | Comments(0)

レッツゴー海外遠征

e0025433_14292065.jpg


ハロー!今カオリは台湾行きの飛行機に搭乗する所でござんす。海外遠征に行くのでござんす。若干遅れてるみたいだけど、そんなの関係ねえ!がっつり楽しんで来るね〜!なお、今回の海外遠征は後から記事を書く従来の形ではなく、その場でクイックリーに記事にしていこうと思います。

では、行ってきます!ビューン!
[PR]
by ochestraa442 | 2016-12-22 14:29 | music | Comments(0)

全世界ロシア化計画

さあ、音楽の感想、どんどんいきますよー!

Jessie J/Sweet Talker

e0025433_2553146.jpg


イギリスのシンガーソングライターの3枚目のアルバム。Ariana GrandeNicki Minajという三銃士の豪華な共演のBang Bangがもう本当に良過ぎて、アルバムが楽しみで楽しみで仕方無かったですわ。無論、この曲も神懸かり的な名曲なんだけども、アルバム全体もとても良い。洗練されていて、上質なポップ・ミュージックとなっている。普段は歌もソングライティングもするんだけども、今回は歌に特化していて、ミュージカルで培ったたくましいボーカルを心置きなく堪能出来る。また、2 Chainzと共演したBurnin' Upはテンションが上がるし、Seal Me With A Kissは何と!かのレジェンドDe La Soulと共演しているのだー!ヒョエー!音楽性が広まった今回のアルバムですが、Sweet Talkerは従来の弾けたポップを聴く事が出来ます。R&B寄りのポップなサウンドとパワフルな歌声が心地良い、おすすめのアルバムです。

Cee-Lo Green/Heart Blanche

e0025433_315846.jpg


今、一番ソウルフルな歌手と言っても過言ではないアツいR&Bシンガーの待望の新アルバム。とにかく、このアルバムは隅から隅まで感動の要素で充満してる。Throneは60年代の様な古き良きソウルを見事に復活させているし、かと思えばEst. 1980sではタイトル通り80年代音楽への敬意を感じられるし、Mother May Iの教会でのゴスペルを思わせる様な分厚いボーカルは心を揺さぶるし、Working Class Heroes (Work)はハードな労働環境に身を置く者達への讃歌となっている。そしてRobin Williamsですよー。この曲は、先立っていったスター達を偲ぶ歌で、歌詞が本当にグッとくる。やるせなくなる。切なくなる。どうして何時もこう、誰からも愛され、自分を犠牲にして世界と戦うスター達は若くして死んでしまうのだろう。切実に、そのソウル漲る歌いっぷりで歌うもんだから、感動もひとしお。そしてこの曲、世界への問題提起を持った曲でもあるのかな?とも思う。ダブルミーニングというか。権力者の陰謀で死んだスターの話をよく聴く中で聴いたこの曲なので、尚更そう思ってしまった。歌声からサウンドから楽曲のコンセプトから、本当に自分の心の奥底に訴えかけてくる、R&Bの本質そのもののアルバムです。

うっし。今日はたんまり感想を書いたなあ。この調子で、どんどん書いていきたい。
[PR]
by ochestraa442 | 2016-12-08 03:40 | music | Comments(0)

忍者探偵社

ニーハオ!テンション高めで音楽の感想を書いちゃうぞ〜!

Azealia Banks/Broke With Expensive Taste

e0025433_1562232.jpg


アメリカの音楽シーンに突如として現れた暴君。ユニバーサルと契約し、デビューアルバムを発売するという情報が音楽好きの間に伝わるも、制作途中でユニバーサルとの契約を解除、個人やインディーズとフィールドを変えながら長年に渡り作り続けてきたデビューアルバムが、一昨年の11月に完成し、配信されていたのだが、それから1年後、遂にインポート盤CDが発売。何時もCDで音楽を聴いている身のカオリにとってはこの上ない嬉しい情報だった。そして、すぐさま購入。

6年かけて作ったアルバムの分、かなり磨きがかかっていて、超大作であり力作であり意欲作でもある。しかし、制作過程での苦悩等、ネガティブな物はサウンドにはあまり反映されていなくて、気構えずに聴く事の出来る不思議なアルバムでもある。むしろ、聴いていてテンションが高くなるアルバムだ。定番曲212JFKの安定感、そしてアルバムに収録されるとこんな感じになるんだ!という新たな発見や、新曲Chasing Timeの色んな事を経験したからこそ作れるサウンドに鳥肌が立ったり、Ice PrincessYung Rapunxelに観る乙女チックな物に対する傾倒に女の子らしさを感じずにはいられなかったり、Sodaなんかは、よっ!待ってました!なサウンドを満喫する事が出来たり、あと意外かつ面白かったのはAriel Pinkのカバー、Nude Beach A Go-Goだね。この人の解釈でのサーフ・ロックで歌われていて、けだるくフリーダムな所が実に良い。かなりハマってます。全く毛色の違う曲を収録してくる所がこれまた粋だな〜と。そんな感じで、この人の音楽人生が真空パックされた形で詰まっている濃密なアルバムでやんす。
[PR]
by ochestraa442 | 2016-12-08 02:48 | music | Comments(0)

脱獄しちゃうぞ

さーて、音楽の感想のコーナー、行くよ〜!

Twenty One Pilots/Blurryface

e0025433_1254980.jpg


アメリカの二人組オルタナバンドの2枚目のアルバム。絶賛ヒット中です。カオリはもともとこのバンドの曲が好きだったんだけど、Tears In My Heartを聴いてこれはアルバムを買わない手は無い!と思い、購入した所存でございます。

聴いてみると、スケール感の大きいオルタナティブを鳴らすバンドという考えが木っ端微塵に吹っ飛びます。オルタナティブは勿論だけれども、本当に多様なジャンルからの影響を強く受けていて、一概にオルタナバンドとは呼べない雑多さがある。Hip-HopやRaggae、ミクスチャーやメタル、ポップミュージックまでも巻きこんだ賑やかさ。音楽のグローバリゼーションだ。前述のTears In My Heartはイントロで謎の韓国語のカウントがはいっていて、それがメチャクチャ笑えるし、だけど曲は耳馴染みが良く、どこまでもポップで、これぞアメリカンなポップミュージック!と言いたい勢いだ。一曲でもこんなにカオスなんだから、アルバムはもう本当にカオスだという事を、私は声を大にして言いたい。Message ManはRaggaeとHip-Hopをごちゃ混ぜにした、怪しさ満点の一曲だし、Heavydirtysoulはミクスチャーの影響を受けた気難しさ漂うサウンドが面白いし、アルバム全体で好きな事を好きなだけやっています。まさか、こんなにぶっ飛んでるバンドだったとは、このアルバムを聴くまでは思いも寄らなかった。固定概念なんてくそくらえ、そう胸ぐらを強く掴まれて怒鳴られる様な、新しい世界を見せてくれるアルバムだ。

皆さん、固定概念、ぶっ飛ばしてみませんか?きっと観た事の無い光景が見えてきますよ!
[PR]
by ochestraa442 | 2016-12-08 01:47 | music | Comments(0)