人類がイカに支配されたら

お久し振りに、聴いたCDの感想です。

Kanye West/808's & Heartbreak

e0025433_15382217.jpg


発売されてからずーっと欲しかったこのアルバム。ワクワクしながら再生ボタンを押す。すると、そこから流れて来たのは俗世間を憂う様な、ダークなサウンド。ズシンとのしかかって来る、プリミティブな打楽器の音。何だ!何が起こったんだ!私は不覚にも、耳を奪われた!Welcome To The Heartbreakも、何だか物騒だ。続いてHeartlessなのだが、人が人情を無くし、冷酷な社会を構築していく様相をまざまざと見せつけられているかの様な印象を持った。そして、それは正しいのか、そうでないのかという事を聴く側に問いただしているという感覚もある。本来人が持ち得ている感情や良心を忘れてしまっては、社会も何も無くなってしまう。もぬけの殻になってしまう。だからこそ、今、人に誠心誠意尽くしてみたいと思わされた曲であります。そして次の曲。何と、我らがギャングスタ、Young Jezzyとの共演のAmazingです。この曲もダークさがあるんだけど、どことなく展開が美しいんだよな〜。Kanyeの曲って洗練されていて、美しい部分が隠れていたりするんだけど、それが堪能出来る曲ですね。お次はLove Lockdownです。この曲ね、初めて聴いた時から思ってたんだけど、静寂の中にKanyeの情熱が濃縮された形で詰まっていますね。こう、心の中でワーっと熱くなっていく高揚感みたいなね、そういう物がこの楽曲の中には確かにある。それを確信しつつ、次の曲です。Paranoidなのですが、この曲はMr. Hudsonとの共演。音一つ一つに輝きがありつつも、曲を包む空気っていうのは一貫してダークです。ここまではダークな感じが続いていますが、Robocopはポップな仕上がり。ストリングスが楽曲に華やかさを演出しています。とても爽やか。このアルバムの曲はどれもカッコイイので好きなのですが、その中でもこの曲は大好きですね。ポップな曲が続いた後は、またダーク路線まっしぐらです。Bad Newsはタイトルからも分かる通り、かなりダークです。この曲もまた、今の社会情勢と繋がる所があるのではないでしょうか。戦争は絶えず続き、未曾有の金融危機が先進国で勃発している。そのうえ、デモや反政府活動が起こったりしています。どう考えても苦しい状況です。娯楽は社会情勢を反映する部分もあると思っているのですが、今回のこのKanyeのアルバムはその典型的な例なのではないか、と。そんな事を考えさせられつつ、次のSee You In My Nightmareに続きます。Lil Wayneとの共演で、やはりクオリティーの高い作品になってます。それにしても、Lil Wayneと共演なんて、豪華過ぎるぜ!今、アメリカのチャートを賑わせている張本人だもんね。最後の曲、Coldest Winterは、とても寒くて悲しい、終わる事さえ分からない長い冬、といった感じの曲です。

こうやって全体通して聴いてみると、とてもダークなんだけれど、これはKanyeの心理描写とも取れるし、社会風刺とも取れるアルバムだと思う。もしかしたら両方あるのかも知れない。あと、このアルバム、めずらしく歌ものなんです。Hip-Hopというジャンルで活躍しているけれど、今回は歌もので勝負を挑んでいます。なので、Hip-Hop初心者の人もイケるかも知れません。

またまた長く語ってしまいましたが、そんな事を聴いていて思いました。
[PR]
Commented by Dan at 2009-02-17 11:45 x
こんにちは。
Blogをチェックさせていただきました。
(12月依頼のコメントです。)
カオリさん「Kanye」好きですねぇ~
先日会ってきましたが、魅力的なアーティストでした。
アーティストしてだけではなくビジネスの面でも大変有能な人間ですね!!
Commented by ochestraa442 at 2009-02-24 01:04
Danさん、こんばんは!お久し振りです。

私のKanye好きが伝わった様で、嬉しいです。本当に新作はストライクでした!お会いして来たんですか?私はなかなか有名人に会う機会が無いので、Danさんが羨ましいです!あと、確かに、ビジネス面でも有能な人、といったイメージがありますよね!
by ochestraa442 | 2009-02-16 16:41 | music | Comments(2)