もし来世がふなっしーだったら

最近、珍しくバタバタしていて、やっと一息ついたと思ったらその分の疲れがダダーッと出て休憩しているカオリです。

ここしばらくずっと音符がこれでもか!と多く書かれた楽譜を読みながら、クラシック曲を聴くという女子校時代以来過ごしていなかった生活をして、懐かしい気分と同時に音楽や楽器と本格的に向き合っている人って大変なんだなあという事を痛感した。音大生って、一日に何時間も練習するって言うもんね。嗚呼、どうして高校は内部進学しなかったんだろう。嗚呼、どうして通った高校には吹奏楽部が無かったんだろう。一人でフルートの練習だなんて、虚しくて仕方無かったよ・・・。だから、こっそり卒業後も時間があれば吹奏楽部の練習に混ざっていたのだけどね。

あと、吹奏楽部では合唱もやるんだ。というか、カオリの母校は歌とか音楽をとても大事にする学校でしてね、音楽の時間も合唱の練習をしたりしてたよ。で、今回の演奏会で卒業生もちょっとだけ合唱をやる事になって、歌ったのだけど、大声で歌うって良いね。普段抱えてる煩悩が全部吹っ飛んでいくイメージ。だから人は歌うのか。そうなのか。で、練習が終わって帰宅してからもついつい歌ってしまっていた・・・。いや、普通の日でも気づけば割と大きめの声で歌ってしまっていた昨今。歌うのはアジカンであったりユニコーンであったり、英語で歌う時もあればスペイン語で歌う時もありで、最終的には広東語で歌ってしまうという有様。どんだけ歌うのが好きなんだい!と父にツッコまれました・・・。今ハマっているのはShakiraの曲を歌う事。楽しいよ〜。

先週の金曜、群馬に住んでいるおじが木から落ちて入院してしまった。驚くべきなのは、それを受けた我が父の行動。父は仕事中だったのだけど、その一報を受けるなり即座に仕事を放棄して新幹線で群馬まで直行、週末は家に帰って来なかった。おじは頸椎を痛めてしまい、しばらく体が動かせないという状態ではあるものの、命に別状がなくて良かった。ただ、父はおじのためなら命を捨ててしまいかねない人なので、もうちょっと自分の事を大事にして欲しいと思う。おじと仲が良いのは良い事なんだけど、仲が良過ぎて、群馬に行った時やおじが我が家に来た時は、四六時中おじと一緒にいるんだよ!で、テレビとかHDDレコーダーとかCDプレーヤーとか、家電は必ず一緒に同じ物を買う。そして、服も一緒に買っている模様・・・。流石にペアルックはしないけどね〜!と、超絶仲の良い父とおじ。今度退院する時は、また父が世話をしに行くらしい。兄弟愛!

さて、皆さん!ここ最近、カオリの身の回りでは色んな事が起こりましたが、そこから得た事は、親戚一同仲が良い事は良い事だという事です。家族というか、最早兄弟。こんなに仲の良い一族は他にいないのでは?とさえ思います。家族、親戚のおじさんやおばさんを大事にしよう!
[PR]
by ochestraa442 | 2017-03-16 20:19 | other | Comments(0)