ほくそ笑みの貴公子

おととい、中学の時の友達が演奏会を開いたので、行って来た!

カオリの中学時代の友達は、音楽の道に進んでる子が多くて、音大とか普通に行って普通に楽器の腕がバキバキと上達してるんですよ。おととい行った演奏会に出てた子もその中の一人で、今は電子オルガンを専攻してるんだ。まさか、カオリを誘ってくれるなんて・・・!とても嬉しい。しかも高校の時の定期演奏会以来の再開なので、ワクワクしてたよー。

さて、演奏会は、友達と同学年の子がホルン独奏とかフルート演奏とかいろいろバラエティーに富んでいて、とても楽しめた。しかも、流石皆普段から音楽に接しているだけあって、楽器が上手過ぎる。あまりに上手なので、羨ましくなったよ。だけど、ああいう華やかな表舞台の裏では、努力を惜しまないんだろうなあ、とか妄想。カオリも負けない様に、楽器を練習しようと思った。で、肝心の友達の演奏だけども、やはり上手だった。衣装もばっちり決まってたし。電子オルガンって、手足を休む暇なく動かしてるから、運動量もハンパ無いと思うよ。足の動きとか観てて、よくもあんなに複雑な動きが完璧に出来るよなー、って感心したよ!操作するのも大変だろうな、とも思う。それを難なくこなしてる訳だから、電子オルガンやってる人には感服します。

演奏会が終わってから、友達とは無事に会えましたー!全然変わってなかった!いろいろ話せたし、良かったよ〜。あと、実は一緒に同じ中学だった子が何人か来てたという事をその友達から聴いて、探し狂ったりしたね。その子達とも会えたよ。久し振りに会えたもんだから、はたまたいろいろ話しこんだよー。実は皆、クラス会を開いてよく集まってるらしい。カオリはどうして呼ばれないんだ!なーんて一人でいじけかけてたんだけど、もしかしたら呼んでくれるかも知れないという事になったので、一件落着。ただ、皆すごくテンションが高いので、基礎テンションが低過ぎるカオリはついていけるかどうか謎です。テンションの低さで世界一を争える勢いでテンション低いですよ、ええ。

そんなこんなで、クラシックの生演奏も良いもんだなあ、と実感しましたとさ。それにしても、最近中学時代の友達とか後輩とかと会う機会が多いな。縁があるって事でしょうか。良い事です。
[PR]
by ochestraa442 | 2011-12-06 00:00 | music | Comments(0)